ピアニスト・福間洸太朗のニューアルバム『バッハ・ピアノ・トランスクリプションズ』が6月25日に発売となる。レーベルはNaxos Japanで価格は2,750円(税込)。6月18日より先行で配信をスタート、e-onkyo music、mora、レコチョクではハイレゾでも配信される。また、Apple Music/iTunes Storeでは限定のボーナストラックも配信される。

『バッハ・ピアノ・トランスクリプションズ』は、コロナ禍におけるファンとの交流を通して、J.S.バッハの音楽がもたらす癒しを強く意識したことをきっかけに制作されたもの。福間はかねてよりピアノ・トランスクリプション(編曲)をライフワークとして取り上げてきたというが、今回は、リストやブラームスらに加え、彼自身によるバッハ編曲作品と真摯に向き合って完成させたアルバムだという。

収録は2020年10月20日-22日に、神奈川県立相模湖交流センターで行われた。使用ピアノはベヒシュタインの「Model D282」。オリジナルフォーマットはDXDの352.8kHz/24bitで収録された。

福間洸太朗はベルリン在住のピアニスト。20歳でクリーヴランド国際コンクール優勝(日本人初)およびショパン賞を受賞し、現在はヨーロッパ、アメリカ、南米、日本ほか世界各国で演奏活動を行っている。コロナ禍以降はSNSや配信コンサート「レア・ピアノミュージック」シリーズを通して新たな音楽活動の道を切り開いている。6月19日には東京・サントリーホールにて「福間洸太朗 ピアノ・リサイタル ―Road to Bach―」も開催される。

■『バッハ・ピアノ・トランスクリプションズ』詳細

アーティスト:福間洸太朗

レーベル:Naxos Japan

商品番号:NYCC-27313

ダウンロード配信(通常音質):iTunes Store、Amazonデジタルミュージック、mora、レコチョク

ダウンロード配信(ハイレゾ):e-onkyo music、mora、レコチョク

ストリーミング配信:Apple Music、Spotify、Amazon Music Unlimited、LINE MUSIC、AWA、dヒッツ、ナクソス・ミュージック・ライブラリー(※6/25より)

収録トラック

01.カンタータ「わが楽しみは元気な狩のみ」BWV208 - アリア「羊は安らかに草を食み」(E.ペトリ編)

02.コラール「目覚めよ、と呼ぶ声あり」BWV645(F.ブゾーニ編)

03.コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」BWV659(F.ブゾーニ編)

04.コラール「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV639(F.ブゾーニ編)

05.カンタータ「心と口と行いと命もて」BWV147 - コラール「主よ、人の望みの喜びよ」(M.ヘス編)

06.カンタータ「神よ、われら汝に感謝す」BWV29 - シンフォニア(序曲)(C.サン=サーンス編)

07.前奏曲とフーガ イ短調 BWV543(F.リスト編)

08.フルート・ソナタ 変ホ長調 BWV1031 - II.シチリアーノ(W.ケンプ編)

09.無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004 - V.シャコンヌ(J.ブラームス編)

10.マタイ受難曲 BWV244 - アリア「憐れみ給え、わが神よ」(福間洸太朗編)

11.パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(E.ダルベール編)

12.コラール「バビロンの流れのほとりにて」BWV653(S.フェインベルク編)

Apple Music/iTunes Store 限定ボーナストラック

13.前奏曲 ロ短調 BWV855a(A.ジロティ編)

14.管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068 - II.エール「G線上のアリア」(A.ジロティ編)