CSポートは、大型真空管「212E」を搭載するモノラルパワーアンプ「212PAM2」を発売する。6月18日より発売開始、価格はペアで5,478,000円(税込)。

「212PAM2」は、既発売の「212PA」の後継機となり、高圧電源部のコンデンサをオイルコンデンサからポリプロピレンコンデンサに変更したほか、入力にRCAに加えXLR端子を追加し、接続の拡張性を持たせたモデル。プレート電圧は1,400Vで、出力40Wを実現する。

なお、搭載する「212E」真空管は、STC製4212Eまたは錦州華光電子製212Eの2種類から選択することができる。

周波数特性は20Hz-40kHz、THDは1%/40W 1kHz、S/N比は90dB/10W(8Ω)、ゲインは25dB(8Ω)。仕上げはシルバーアルマイトとローズウッド突板となっている。サイズは188W×385H×563Dmm、質量は24.5kg。