トップウイングサイバーサウンドグループは、同社が取り扱うイギリスiFi audioより、スティック型USB DAC/ヘッドホンアンプ「GO bar」の筐体を銅製にし、18Kメッキ仕様にした特別モデル「GOld bar」(ゴールド バー)を6月17日に発売する。価格は88,000円(税込)。

ブランド設立10周年を記念したモデルで、全世界限定1,000台での販売。GO barの基幹設計はそのままに、筐体を銅製とすることで外来ノイズに対するシールド性能を高め、さらに電源フィルタを増強することで、音に深みと豊かさが増したとアピールしている。そして、外装を18Kメッキ仕上げとすることでiFi audio設立10周年を記念するデザインにした。

そのほかのスペック等はベースモデルのGO barと共通。入力にはUSB typeC端子を備え、出力は3.5mmS-Balance端子と、4.4mmバランス端子をそれぞれ搭載する。イヤフォン/ヘッドフォンを駆動する出力アンプ段は、左右対称デュアルモノ構成かつトゥルーバランス回路設計となっており、4.4mmバランス出力の真価を発揮できるよう設計されているという。

対応する再生フォーマットは、384kHz/32bitまでのPCMとDSD256、それにMQAのフルデコードにも対応する。またデジタルフィルターを4種類搭載しており、音楽ソースや好みによって選択が可能。また、アナログドメインで音質補正を行う「XBass+」「XSpace」もそれぞれ搭載する。加えて、iEMatchとTurboパワー・チューニングを搭載しており、組み合わせるイヤフォン/ヘッドホンに合わせた調整も可能となってる。

サイズは65W×22D×13.2Hmm、質量は28.5g。周波数特性は20Hz〜45kHz、出力パワーはバランスの場合475mW@32Ω、7.2V@600Ω、シングルエンドの場合は300mW@32Ω、3.8V@600Ω。S/Nは132dBA(バランス)、108dBA(シングルエンド)、ダイナミックレンジは109dB(バランス)、108dB(シングルエンド)。THD+Nは<0.002%(バランス)、<0.09%(シングルエンド)となっている。