協同電子エンジニアリング(株)は、同社が展開するPhasemation(フェーズメーション)ブランドから、バランス伝送型フォノケーブル全4モデルを12月初旬より発売する。ラインナップの詳細と価格は以下の通り(表記いずれも1.2m/税込)。

・「CC-1200D」(5P DIN - XLR)60,500円

・「CC-1200R」(RCA - XLR)72,600円

・「CC-1200DR」(5P DIN - RCA)83,600円

・「CC-1200RR」(RCA - RCA)95,700円

本モデルは、カートリッジの性能を100%引き出すため、導体に1.25Sqの極太PC-Triple C 線材を採用したバランス伝送型フォノケーブル。極太線材とPC-Triple Cの特徴である低歪率、高伝導率によって、微弱なカートリッジからの信号を損なうことなくフォノアンプへ伝送すると説明する。

DINコネクタ、およびRCAプラグには高音質で定評があるとするロジウムメッキ仕様を採用。またXLRコネクタには、ノイトリック製金メッキを施している。シールド材には裸軟銅線(タフピッチ銅線)、導体絶縁体にはポリエチレンを使用。ケーブル構造は2芯シールド×2、ケーブル外径はΦ7mm。