オーディオテクニカは、フルオート式のワイヤレスターンテーブル「AT-LP3XBT」を10月7日より発売する。オープン価格で、市場想定価格は37,400円前後(税込)。

2017年発売のフルオート式ターンテーブル「AT-LP3」の後継機にあたる新モデル。AT-LP3の機能や性能はそのままに、新たにBluetooth5.2でのワイヤレス再生機能を搭載。コーデックはSBCに加えて、aptX/aptX Adaptive Audioにも対応し、安定した接続で高音質が楽しめるとアピールする。

駆動方式は、33/45回転に対応可能なベルトドライブで、本体前面に配置されたスタートボタンを押すだけでフルオート再生が可能。ストレート型トーンアームには油圧式アームリフターを装備し、レコード針を正確かつ安全に下降・上昇させることができる。

本体には、制振設計を施したアルミニウム合金ダイキャスト仕上げのプラッターとフェルトマットを採用。筐体内部にも金属プレートを配置して共振を抑制するとのこと。同社のVMカートリッジ「AT-VM95C」とヘッドシェル「AT-HS3BK」を付属。AT-VM95シリーズとの針先互換性があるため、好みの針に交換することも可能だ。

フォノイコライザーを内蔵しており、フォノ端子を持たないコンポーネントやアクティブスピーカーに繋いでレコードを再生することができる。また、ACアダプターを採用した外部電源方式で、AC/DC変換を筐体外で行うことによりノイズの少ない回路設計を実現したという。

消費電力は2W。外形寸法は435.6W×128H×374Dmm、質量は5.0kg。付属品として、オーディオケーブル(約1.0m)、ACアダプター(約1.5m)などが付属する。