オーディオテクニカは、世界3,000台限定のアクリル製ターンテーブル「AT-LP2022」を発表した。11月7日10時より予約販売を開始、12月16日に発売する。価格はオープンだが176,000円(税込)での実売が予想される。

創業60周年を記念した製品ラインナップの一つとして登場する「AT-LP2022」は、『アナログ技術の粋を集めた、モダンインテリアにマッチするターンテーブル』を目指したモデルで、アクリルを活用した透明な外観が特徴となる。

30mm厚の低共振・高密度なアクリルシャーシを採用。プラッター部には、こちらも共振が少ないとする16mm厚の透明アクリルを使用し、スピードセンサー搭載の高精度DCモーターで駆動。これにより安定した回転を実現するとしている。ベルトドライブ方式で、回転数は33/45回転に対応する。

トーンアームはスタティックバランス式ストレート型で高さ調整も可能、素材にはカーボンファイバーを使用する。これを金属製のトーンアームリフト付きメタルベースに装備し、VTA(垂直トラッキングアングル)調整機能と調節可能なアンチスケート機構により、さまざまな高さと重量のカートリッジに対応するとしている。

付属カートリッジは、VMカートリッジ「AT-VM95E BK」(0.3x0.7milの楕円針)と専用ヘッドシェル「AT-HS4」を搭載。AT-VM95シリーズとの互換性を持ち、交換針の使用も可能だ。AT-VM95E BKの推奨負荷インピーダンスは47kΩ、再生周波数範囲は20Hz - 22kHz、出力電圧は4.0mV(1kHz、5cm/秒)となる。質量は6.1g。ヘッドシェル「AT-HS4」の質量は8.5g(リード線含む)で、オーバーハングは±5mm。

また、60周年記念モデル限定の特別なクリアカラーを採用した「AT-VMN95SH CL(シバタ針)」を同梱。上述のAT-VM95E BKの楕円針(カラーはブラック)との交換も容易で、音質の違いも楽しめるとしている。

特別設計のフィートを採用し、高いアイソレーション性能を獲得。安定性とハウリングマージンを確保したとのこと。電源はACアダプター採用の外部電源方式を採用することで、シグナルチェーン内のノイズを低減し、安定性高く、ノイズの少ない回路設計を実現したと説明している。

本体背面に、シリアルナンバーと60周年ロゴをレーザー刻印。パッケージには60周年記念モデル共通となる、日本の伝統的技法である越前和紙を用いたスリーブを使用する。

ワウフラッターは< 0.15% WRM(33回転時)、SN比は>60dB。トーンアームの有効長は223.6mm、オーバーハングは18.6mm、最大トラッキングエラー角は2.0°未満となる、また針圧調整範囲は0 - 3.0gで、使用可能なカートリッジ質量(ヘッドシェル含む)は11.5 - 16.5g。

外形寸法は420W×135H×340Dmm、質量は8.0kg。ダストカバーやカウンターウエイト、長さ約1.0mのオーディオケーブルなども付属する。