オーディオテクニカは、本日11月4日(金)より6日(日)の3日間、「Analog Market」と題してアンティークやアート、インテリアなども絡めながら“アナログならではの楽しさ”を伝える限定イベントを開催している。

このイベントは、オーディオテクニカの60周年を記念して開催されるもので、表参道、青山、原宿の3つのスポットでそれぞれ異なるテイストの催しが用意されている。ここでは、特に「音」にこだわった展示がなされている“Deep Listening”「BA-TSU ART GALLERY」の様子をレポートしよう。

「BA-TSU ART GALLERY」は2F建てとなっており、1Fにはオーディオテクニカの歴史において重要な製品ラインナップや、エポックメイキングな過去の広告などを展示。さらに、先日発表されて話題の“サウンドバーガー”をワイヤレスヘッドホンで体験できるブースも設けられている。

2Fは本格試聴スペースで、60周年記念カートリッジの「AT-MC2022」とアクリルターンテーブル「AT-LP2022」、それに越前塗を施したハイエンドヘッドホン「ATH-W2022」などが試聴できる。試聴はチケット制となっており、受付での申し込みが必要だ。

スケルトンデザインの「AT-LP2022」は、発表以来すでに驚くほどの反響がきているという。同社の製品開発を手掛ける小泉氏によると、デザイン面だけではなくアクリルの振動特性の良さを活かしたプレーヤーとなっているということで、音の面でもオーディオテクニカならではのクオリティを追求。

スティーリー・ダンの「Aja」やチョン・キョンファの「サン・サーンス:ヴァイオリン協奏曲」などを再生したが、野太く聴かせる低域の豊かさや、歌うようなヴァイオリンの軽快な表現など、“レコードの楽しさってこういうのだよね!”と感じさせてくれる華やかさに溢れている。MMカートリッジの針先がスケルトンデザインとなっている点も大きなこだわりだという。

一方の「AT-MC2022」はテクニクスの高級アナログプレーヤー「SL-1000R」との組み合わせで、より腰の据わったハイファイ調が魅力。アート・ペッパーのジャズ盤では、ミュージシャンたちの息遣いまでも伝える解像度の高さや空間表現の鋭さを聴かせながらも、音楽を奏でる根源的な“楽しさ”を伝える明るいサウンドが魅力的。いずれも20分程度と短めのデモになっているため、気軽に訪ねて試聴することができる。

1Fのサウンドバーガーコーナーでは、会場に置かれているレコードから好みのものを選んで試聴ができるようになっている。1980年代当時に発売されたものには有線のイヤホン端子がついていたということだが、現代風にリファインするにあたってBluetoothに対応。トーンアームを動かしたり蓋を開けたりするときのカチっとした操作感も魅力的で、レコードならではの「アナログ感」も感じさせてくれる。

他にも、オリジナル焼酎「ANALOG SPIRITS」の展示など、オーディオテクニカならではの遊び心に溢れた企画となっている。6日まで開催されているので、ぜひ足を運んでほしい。

Analog Market イベント詳細

■Area1/Shopping & Workshop

会場:青山ファーマーズマーケット

住所:〒150-000 東京都渋谷区神宮前5-53-70

日時:11月5日(土)・6日(日)10:00 -16:00

■Area2/Deep Listening

会場:BA-TSU ART GALLERY

住所:〒150-000 東京都渋谷区神宮前5-11-5

日時:11月4日(金)15:30 -20:00/5日(土)10:30 -18:00/6日(日)10:30 -17:00

■Area3/Gallery

会場:STUMP BASE

住所:〒107-006 東京都港区南青山6-5-45

日時:11月5日(土)12:00 -20:00/6日(日)12:00 -19:00