(株)ナスペックは、同社が取り扱うVienna Acoustics(ウィーンアコースティクス)より、2ウェイ・ブックシェルフスピーカー「HAYDN SE SIGNATURE」を発売する。11月15日発売で、価格は484,000円(ペア/税込)。仕上げはローズウッド、ピアノブラック、チェリー、ピアノホワイトの4種類を用意する。

「HAYDN」は、オーストリアが産んだウィーン古典派の作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンにちなんで名付けられたスピーカーで、今作の「HAYDN SE SIGNATURE」は、「HAYDN」を9年ぶりにリニューアルしたモデル。

上位機種「Beethoven Concert Grand Reference」と同じ、28mmオリジナル・シルクドーム・トゥイーターを搭載。また152mmのウーファーは、高剛性かつ軽量な3種類のポリプロピレンを合成した高機能樹脂「X3P」をコーンに採用、背後はクモの巣状のリブで補強された「スパイダーコーン・ウーファー」となっている。ラバーエッジは凹状に湾曲しており、ドライバーに的確にエネルギーを伝えるように設計されているという。

クロスオーバーも専用設計で、ネットワークパーツの共振を考慮し、不要なノイズや歪みを抑えるよう最適なシグナルパスとして配置されている。なおスピーカーターミナルはシングルワイヤとなっている。

キャビネットはファイバーボードをベニヤボードで何層にも包むように重ねて構成。またバスレフポートはリア側に変更され、「パワフルかつハイスピードな低音に磨きをかけた」とアピールしている。

サイズは174W×361H×265Dmm、質量は8.2kg(1台)。周波数特性は40Hz-20kHz、能率は88.5dB、インピーダンスは4Ω、推奨アンプ出力は50-180W。