2月10日(土)から12日(月)まで、大阪・南港のインテックス大阪にて「大阪オートメッセ2024」が開催される。このイベントに、ユーロリンクアップショップ加盟店によるチューニングカーを含む、6台のカーオーディオにこだわった車両が展示される。

今回出展するのは、カーオーディオショップAV KANSAIと、青森・イングラフの2店舗。それに輸入商社トライム、フェリース・ソニード、イース・コーポレーション、ジャンライン&パートナーズの4社で、ケーブルメーカーとしてサエクコマースもサポートする。

AV KANSAIは、EV車両の新デモカー、レッドの「JAGUAR i-SPACE」を展示する。また、サエクコマースとコラボレーションしたグレーの「audi RS3」も登場する。

イングラフとトライムは共同でデモカー、ホワイトの「BMW M8 competition」を展示。純正オーディオシステムはそのままに、DSP内蔵アンプを導入し、手頃な価格な実現できるカーオーディオを提案する。audisonのDSP内蔵12chアンプと、Bluetoothレシーバーの「B-CON」を組み合わせている。

ジャンライン&パートナーズは、発売されたばかりのLEXUSの新型車両「LBX」にて参加。morelのスピーカー、ARC AUDIOのDSPアンプを中心にしたシステムを展示予定。

フェリース・ソニードは、昨年大きな話題となったクワトロリゴのフラグシップスピーカー「OPUS」を装着したデモカー「BMW M3」を展示。またカーオーディオ用アンプ「OPUS AMP」も初披露する。

新たにユーロリンクアップショップの協賛メーカーに加わったイース・コーポレーションは、ブルーの「LEXUS UX」に、新たに取り扱いを開始したaune audioのミュージックプレーヤーを装着した車を出展。DSPにはRESOLUT、GroundZeropのパワーアンプ/スピーカーと同社の主力製品を体験することができる。

AV KANSAI、イングラフともに国内のカーオーディオコンテストで上位入賞する実力派ショップである。国内最高峰のカーオーディオを試聴できる貴重な機会となるので、カーオーディオに関心のある方はぜひ足を運んでほしい。

大阪オートメッセのカーオーディオ関連ブースはPHILEWEBでも取材、それぞれの車の音質レポートもお届けする予定となっている。

■大阪オートメッセ

日程  2024年2月10日(土)、11日(日・祝)、12日(月・振休)

時間 9:00-18:00(初日9:00-13:00はサイレントタイム)

※サイレントタイムは音響機材によるPRを控えた時間帯

会場 インテックス大阪(大阪国際見本市会場)

大阪市住之江区南港北1-5-102

主催 オートメッセアソシエイション