ボーズは、ノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「NOISE CANCELLING HEADPHONES 700」に数量限定の新カラー『ソープストーン』を追加した。価格は46,750円(税込)。

9月から発売開始となったNOISE CANCELLING HEADPHONES 700。同社の代表的なワイヤレスヘッドホン「QuietComfort」シリーズの性能をベースに新設計され、「ボーズの次世代ノイズキャンセリング技術」を搭載し、さらに効果的なノイズ低減を実現するとしている。

トリプルブラックとラックスシルバーの2色に加え、今回限定色として『ソープストーン』が登場した。ハウジングやイヤーパッド、ヘッドバンド内側部分はホワイトとし、BOSEロゴとハウジング中央部にまで伸びるヘッドバンドの外側にはピンクがかったローズカラーを採用したツートンカラーになっている。

本機は、マイク8基を使った新たな音声システムを採用。6基はノイズキャンセリング機能に、残り2基は別の2基と組み合わせて音声認識に用いられる。ノイズキャンセリングレベルは調整可能で、ハウジングに切り替えボタンも装備する。ほか、電源ON/OFF、音声アシスタント用ボタンも備えられる。

ユーザーの動きや環境に合わせて、ビームフォームアレイ機能によりユーザーの音声を分離して認識、さらにリジェクションアレイ機能により周囲のサウンドをトラッキングして遮断することで、音声認識や通話品質の向上も図られている。

独自のアクティブEQ機能を搭載し、音質調整も可能。ハウジングにはタッチセンサーも内蔵され、着信/終話や音量調整、音楽の一時停止など一般的な操作が行える。

音声アシスタント機能にはGoogleアシスタントおよびAmazon Alexaを搭載。Amazon Alexaのウェイクアップワードアクセスも利用でき、スマートスピーカーのように「Alexa」と話しかけて使うこともできる。

独自のARプラットフォーム「Bose AR」や、専用アプリ「Bose Music」も対応。アプリでは各種設定のカスタマイズやソフトウェアのアップデートなどが行える。本体には最長20時間の連続使用が可能なバッテリーを搭載する。