JOLEDは、JOLED能美事業所に構築された、世界初の印刷方式有機ELディスプレイの量産ラインの稼働を開始した。2020年の量産開始に向け、顧客に提供するサンプルの試作を順次進めていく。

印刷方式は中型・高精細の有機ELディスプレイを効率的に生産することができるという独自の印刷製造方式で、その量産工場として2018年7月1日、石川県能美市にJOLED能美事業所を開設していた。

能美事業所の量産ラインは、基板サイズG5.5(1,300x1,500mm)、月産2万枚(ガラス基板投入ベース)の生産能力を備えており、独自の印刷方式のメリットを生かした、高精細印刷技術による高性能・高品質な製品、RGB OLEDとしては最大基板サイズを高速印刷で一括成膜する高い生産性、高速段取替・機種交換による多品種対応力を有する。これにより、高性能・高品質な有機ELディスプレイを、ハイエンドモニター、医療用モニター、そして車載などの用途向けに生産していくとしている。

11月25日には、能美事業所にて「生産ライン完成式」が執り行なわれた。石橋代表取締役社長は、量産ライン完成にあたり「JOLED初となる有機ELディスプレイの量産ライン、そして世界で初めての印刷方式での量産ラインを完成できたことを、たいへん嬉しく思います。中型・高精細の有機ELディスプレイを印刷方式で生産し、有機EL市場の中型領域に変革を起こしてまいります」と述べている。