ソニーは、モビリティーの安全性、快適性、そしてエンターテインメント性を追求する取り組みとなる「VISION-S(ビジョン エス)」を、「CES 2020」にて発表した。

同社が有するテクノロジーによって、モビリティの環境向上を目指すというもの。5G時代の到来や、自動運転の実現によるエンターテインメント需要を見据えた取り組みとなる。

自動運転では車内外の情報取得が重要となる。ソニーではこれに対して、広ダイナミックレンジを誇る車載用CMOSイメージセンサーや、カメラ、レーダー、LiDARを組み合わせ、それぞれの特徴によって相互補完する「センサーフュージョン」といった技術をアピール。

また会場では「安全性のみならず、クルマをリファインして、新しいエンターテインメントスペースにする」と述べられ、VISION-Sのプロトタイプ車両も披露された。

プロトタイプ車両では、エンターテインメントを楽しむための技術として、「360 REALITY AUDIO」を搭載。ヘッドレストに内蔵されたスピーカーからイマーシブ再生が行えるよう設計されている。またパノラマスクリーンを採用し、運転に必要な情報とともに、映像鑑賞なども行えるという。

アダプタビリティーも追求。クラウドサービスなどへの接続や、システムのアップデートなども可能としている。新たなプラットフォームには様々なアプリケーションも用意される。

なおプロトタイプ車両の開発には、マグナ・インターナショナルやクアルコムといったメーカーが参画している。