専門店「e☆イヤホン」(大阪府大阪市)の提供による、イヤホン・ヘッドホンの週間売れ筋ランキングをお届けします。

▽完全ワイヤレスヘッドホン

前週の1位以下のランキングを1つずつ押し下げて今週新たに1位を獲得したのは久々に登場したAVIOT「TE-BD21f ピエール中野モデル」。出てはすぐ売り切れ状態となり残念ながら順位が圏外になってしまうこのモデル、次週以降はどうなるか。

1位 AVIOT「TE-BD21f Special Edition Black (ピエール中野モデル)【TE-BD21f-pnk】」

2位 ag「TWS03R」

3位 SONY「WF-1000XM3」

4位 Noble audio「FALCON」

5位 audio-technica「ATH-CK3TW」

▽ワイヤレスヘッドホン(オーバーヘッド)

1位を獲得したのは昨年9月発売のSENNHEISER「MOMENTUM Wireless」。同ブランドお得意の洗練されたデザインを採用、専用アプリ「Smart Control App」でイコライザーやANCモード切替などが可能なノイズキャンセルモデル。

1位 SENNHEISER「MOMENTUM Wireless」

2位 SONY「WH-1000XM3」

3位 Skullcandy「CRUSHER ANC」

4位 audio-technica「ATH-S200BT」

5位 JLAB AUDIO「REWIND」

▽ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)

今週も前週に続いて1位を獲得した「Kraken Green」を皮切りにRazerのゲーミングヘッドホン3機種が上位に。2位の「Thresher 7.1」はバーチャル7.1chサラウンド対応、4位の「Kraken X for Console」は250gの軽量モデル。

1位  Razer「Kraken Green」

2位 Razer「Thresher 7.1」

3位 SONY「MDR-CD900ST」

4位 Razer「Kraken X for Console」

5位 audio-technica「ATH-M20X」

▽ワイヤレスヘッドホン(インナー)

今週も前週に続き1位は「TT-BH026」で、さらにTaoTronicsのモデルが5位以内に4機種入って強さを見せる。1位「TT-BH026」、2位「TT-BH07」は3,000円クラスのハイコストパフォーマンス、4位「TT-BH07S」はさらなるブラッシュアップ、5位「TT-BH07S Boost」は低音強化を図ったモデル。

1位 TaoTronics「TT-BH026」

2位 TaoTronics「TT-BH07」

3位 AfterShokz「AEROPEX」

4位 TaoTronics「TT-BH07S」

5位 TaoTronics「TT-BH07S Boost」

▽ワイヤードヘッドホン(インナー)

intime「碧(SORA)-Light【2019Edition】」が前週同様に1位に。1月発売の新製品、 星が輝く夜空のイメージを施した水月雨 (MOONDROP)「Starfield」が早くも4位に。

1位 intime(アンティーム)「碧(SORA)-Light【2019Edition】」

2位 final「E3000」

3位 SHURE「SE215SPE-A」

4位 水月雨 (MOONDROP)「Starfield」

5位 ALPEX「HSE-A1000GM」

▽ポータブルオーディオプレーヤー

FiiO「M11 Pro Stainless Steel Edition」が1/24発売で一気に1位を獲得。電気的な性能・仕様は「M11 Pro」に準拠し、筐体をアルミニウム合金からSUS316に変更した新製品である。

1位 FiiO「M11 Pro Stainless Steel Edition」

2位 SONY「NW-ZX507」

3位 SONY「NW-A105」

4位 Astell&Kern「SA700」

5位 COWON「PLENUE R2」