専門店「e☆イヤホン」(大阪府大阪市)の提供による、イヤホン・ヘッドホンの週間売れ筋ランキング(3/8-3/14)をお届けします。

▽完全ワイヤレスヘッドホン

1位は前週に続きSONY「WF-1000XM3」と強いモデルが安定の位置を占める。3位のaudio-technica「ATH-CK3TW」は昨年11月発売、エントリーモデルの位置づけながらメリハリある低音と鮮やかなボーカル再生を実現する。

1位 SONY「WF-1000XM3」

2位 Noble audio「FALCON」

3位 audio-technica「ATH-CK3TW」

4位 ag「TWS02R」

5位 SONY「WF-H800」

▽ワイヤレスヘッドホン(オーバーヘッド)

1位は久々にSONY「WH-1000XM3」が獲得。人気のSONYとSENNHEISERのモデルが4位までを占める中、5位に入った昨年11月発売のJLAB AUDIO「REWIND」は3つのイコライザー内蔵、レトロPOPなデザインで人気。

1位 SONY「WH-1000XM3」

2位 SENNHEISER「MOMENTUM Wireless」

3位 SENNHEISER「HD 450BT」

4位 SONY「WH-CH510」

5位 JLAB AUDIO「REWIND」

▽ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)

今週も安定の1位、Razer「Kraken Green」。さらに2位もRazerで、「Kraken X for Console」は昨年11月発売、白熱したゲームセッション時の熱の蓄積を抑える冷却ジェルレイヤーをパッドに採用する。

1位 Razer「Kraken Green」

2位 Razer「Kraken X for Console」

3位 SONY「MDR-CD900ST」

4位 audio-technica「ATH-M20X」

5位 Kingston「Hyper X Cloud Revolver S」

▽ワイヤレスヘッドホン(インナー)

今週も1位のTaoTronics「TT-BH026」をはじめ TaoTronics勢が強さを見せるなか、SONYの「WI-C310」「WI-C200」が健闘。ともに昨年7月発売でクリアな中高音と重厚でパワフルな低音を実現。

1位 TaoTronics「TT-BH026」

2位 TaoTronics「TT-BH07」

3位 SONY「WI-C310」

4位 SONY「WI-C200」

5位 TaoTronics「TT-BH07S」

▽ワイヤードヘッドホン(インナー)

人気の intime「碧(SORA)-Light【2019Edition】」が前週2位から1位に返り咲き、1月新製品の「碧(SORA)-2」と順位が入れ替わった。5位にオーバーヘッドで人気のRazerブランドの1/31発売「Hammerhead Duo Console Razer Green Limited Edition」が登場。

1位 intime「碧(SORA)-Light【2019Edition】」

2位 intime「碧(SORA)-2」

3位 final「E3000」

4位 SHURE「SE215SPE-A」

5位 Razer「Hammerhead Duo Console Razer Green Limited Edition」

▽ポータブルオーディオプレーヤー

1位は前週同様に FiiO「M11 Pro」が獲得。5位に2017年モデル、audio-opus「OPUS#1S」が入ってきた。「最高クラスの高音質をどこででも楽しむことのできる」、ハイレゾポータブルオーディオプレイヤー。

1位 FiiO「M11 Pro」

2位 Astell&Kern「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」

3位 SONY「NW-A105」

4位 SONY「NW-ZX507」

5位 audio-opus「OPUS#1S」