シャープは、BS8K・BS4K・110度CS4Kチューナー内蔵の8K液晶テレビ “AQUOS 8K” のフラグシップモデル「8T-C70CX1」「8T-C60CX1」の2機種を4月25日から発売する。価格はオープンだが、70型の8T-C70CX1が税抜60万円前後、60型の8T-C60CX1が税抜45万円前後。

8K放送を楽しめるBS8Kチューナーのほか、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基、地上・BS・110度CSチューナーを3基内蔵したAQUOS 8Kシリーズの新フラグシップモデル。専用の外付けUSBハードディスク「8R-C80A1」(別売)を接続することで、予約録画に加え、視聴中でも8K放送を録画することができる。

新開発の「8K Pure Colorパネル」を搭載。光の3原色の純度が高まり、色域が従来の同社4Kテレビ比で約16%拡大し、色彩表現がさらに豊かになったとする。また本パネルは斜め方向にも幅広く発色するため、さまざまな視聴位置からでも鮮明な映像が楽しめるという。

「リッチカラーテクノロジープロ」技術では、広色域カラーフィルターとLEDバックライトの蛍光体を組み合わせ、新4K8K衛星放送で使用される広い色域(ITU-R BT.2020)を豊かに表示。加えて、映像信号を解析して光源や反射部などの輝き成分を検出、LEDバックライトを部分制御することで輝きを復元する、高透過率液晶と高輝度HDRによる輝き復元「メガコントラスト」技術を採用する。

8K画像処理エンジン「Medalist Z1」により、映像の明暗レベルに応じてコントラストを自動で調整し、クリアで自然な8K映像を表示。さらに、地上デジタル放送や4K放送なども超解像技術で8K情報量にアップコンバートして高精細化する。

さらに、「8Kスポーツビュー」映像モードを搭載し、倍速技術(120Hz)とボヤケ低減効果のある黒挿入技術により、動きの速い映像も滑らかにくっきりと映し出せるため、自宅でのスポーツ観戦を、8Kのきめ細かくキレのよい映像で臨場感豊かに楽しめるとしている。

HDR規格はHDR10/HLG/Dolby Visionに対応。また新たにHDMI2.1で規定された8K映像入力に対応。4K 120Hz映像信号を出力する機器とHDMIケーブル1本で接続できる。

サウンド面では2.1chの「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」を搭載。スピーカーを真下ではなく約20度斜め前に向けて配置することで、放出した音がテレビボードで反射してリフトアップさせる仕組みとなっており、トゥイーターは内向きに配置することで音の広がり感をアップさせるとともに、ダブルサブウーファー搭載で豊かな低音を再現する。加えて、空間の音響パワーの変化をとらえ補正するという音響補正技術「Eilex PRISM」も搭載している。

2018年11月に発売された「8T-C60AX1」に対し、CPUパフォーマンスは約1.3倍、内部メモリ容量は約1.6倍向上。リモコンで電源オンから地デジ表示までの時間は約20%、地デジ放送の選曲切り替えまでの時間を約15%高速化するなど、基本性能も高めている。