専門店「フジヤエービック」(東京都中野区)の提供による、イヤホン・ヘッドホンの週間売れ筋ランキングをお届けし2020年5月第1週(4/26-5/2)

前週のランキングはこちら

担当:根本圭氏コメント

「ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)では先週に引き続きHEDD HEDDphoneが首位。耳慣れないメーカーですが実は30年前から開発を続けていたAMTという方式を採用した、マニアなら見逃せないアイテムです。」

▽完全ワイヤレスヘッドホン

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」がまたしても1位獲得と強さをアピール。5位に5/1発売のag「TWS04K」が早くも入ってきた。透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感の両立を実現している。

1位 SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

2位 Noble Audio「FALCON」

3位 ag「TWS03R」

4位 AVIOT「TE-BD21f」

5位 ag「TWS04K」

▽ワイヤレスヘッドホン(オーバーヘッド)

1位を獲得したのはSENNHEISER「HD4.50BTNC」のブラッシュアップモデルである「HD450BT」。最大30時間の連続使用可能、低遅延で途切れにくいワイヤレスノイキャンモデル。

1位 SENNHEISER 「HD450BT」

2位 SENNHEISER「HD350BT」

3位 JLAB AUDIO「JBUDS REWIND」

4位 beyerdynamic「Aventho Wireless JP」

5位 SENNHEISER「MOMENTUM Wireless」

▽ワイヤードヘッドホン(オーバーヘッド)

根本氏も注目する HEDD「HEDDphone」が前週同様1位を獲得、マニアの心をしっかり掴み取っている。全方位に機能美を追求した新製品平面駆動ヘッドホンHiFiMAN「SUNDARA」が2位に。

1位 HEDD「HEDDphone」

2位 HiFiMAN「SUNDARA」

3位 HiFiMAN「HE-400S」

4位 AKG 「K141 MKII」

5位 SOUND WARRIO「SW-HP300」

▽ワイヤードヘッドホン(インナー)

前週1位のSHURE「AONIC 5」に代わって同ブランドの「AONIC 4」が1位に。SHURE初の1DD+1BAのハイブリッド型イヤホンだ。生産終了となっていたハイブリッド(1D×2BA)イヤホン「Forsteni」のマイナーチェンジモデルとして復活したOriolus「Forsteni MKII」が3位に。

1位 SHURE「AONIC 4」

2位 SHURE「AONIC 5」

3位 Oriolus「Forsteni MKII」

4位 final「E5000」

5位 RHA「CL2 Planar」

▽ポータブルオーディオプレーヤー

携帯使用を前提として設計されたポケットサイズのポータブルHi-FiミュージックプレーヤーShanling「Q1」が1位を獲得。4色のカラーバリエーションをもつ。

1位 Shanling「Q1」

2位 FiiO「M5」

3位 Astell&Kern「KANN」

4位 FiiO「M11」

5位 Shanling「M6」