JVCケンウッドは、ケンウッドブランドの前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450」を6月下旬に発売する。価格はオープンだが、税抜25,000円前後での実売が予想される。

「あおり運転にも対応する前方・後方が録画できる2カメラモデルへのニーズが急増」するなか、「高性能とハイコストパフォーマンスの両立」を目指して開発したとするモデル。高画質性能と信頼性の高さを両立した上で、リーズナブルな価格も実現しているという。

フロントカメラには、水平122° 垂直63° 対角150°の広視野角レンズを採用する。レンズの明るさは、前後ともにF1.8の明るいレンズを採用し、夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強いとのこと。リアカメラは3段階の「スモーク シースルー機能」により、リアガラスがスモークガラスの車にも対応する。

記録解像度は、フロントカメラ・リアカメラともフルハイビジョンに対応。フロントカメラはHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載し、逆光やトンネルの出入り口など、明暗差で発生しやすい白とびや黒つぶれを抑制する。また27.5fpsのフレームレート設定で、LED信号機の無点灯記録も防止している。

SDカードのエラーを防ぐ独自の記録システムとして、「SDカードメンテナンスフリー機能」を搭載する。SDカードの録画領域をあらかじめ確保して断片化を未然に防止するほか、ドライブレコーダーで録画する際に定期的に必要だったSDカードのフォーマットが不要となっている。

録画機能では、エンジンのオンオフに連動する常時録画をはじめ、手動録画、Gセンサーによるイベント記録に対応。別売の車載電源ケーブル「CA-DR350」を使用することで、最長24時間の駐車監視録画も行える。

そのほか運転支援機能として、前方衝突警告、車線逸脱警告、発進遅れ警告、リフレッシュ通知、エコドライブ表示を備える。GPSを搭載し、Windows/Mac用ソフト「KENWOOD ROUTE WATCHERⅡ」により、走行記録の確認も可能。外形寸法はフロントカメラが64W×62H×35Dmmで、リアカメラが47W×37H×28Dmm。