伊藤屋国際は、同社が取り扱うShanlingのハイブリッドドライバー型イヤホン「ME200」を5月29日より発売する。価格はオープンだが、税込22,800円前後での実売が予想される。

ベースドライバーとして10mmナノコンポジットダイヤフラムのダイナミックドライバーを1基搭載。調整によって低域の制御を改善するとともにクリアで質感に満ちたサウンドを実現するほか、ダブルマグネット構造により強力な磁力を確保し、パワフルな低域再生が可能だという。

加えてKnowles製BAドライバーを1基搭載。ダイナミックドライバーと調和することに重点を置いてチューニングし、解像度の高い中域とクリアで繊細な高域を実現。モダンポップやロックミュージックをはじめ、主にボーカル曲に最適なイヤホンだとしている。再生周波数帯域は20Hz-40kHzで、インピーダンスは16Ω、感度は111±3dB/mW。

3Dプリンターで成形される樹脂製のハウジングは、人間工学に基づいたデータを用いることで装着感を向上。フェイスプレートには高級時計と同じプロセスを用い、中心から外周部に向けて太陽光が放たれているような「サンバースト」模様を採用する。

MMCXコネクターを搭載しリケーブルにも対応。付属ケーブルは古河電工製の銀コート高純度無酸素銅線を採用した4芯タイプで、特に中高音域のパフォーマンスを向上させ、全体的なサウンドをよりクリーンで鮮烈にするという。ケーブル長は1.3m。

質量は全体で32g、イヤホン本体片側で約6.3g。ブラック/ダークブルー/レッドの3カラーをラインナップし、ギフトグレードのカスタムレザーケースやVocal/Balanced/Bassの3タイプのシリコンイヤーピース(S/M/L各1ペア)、フォームチップ(Mサイズ1ペア)、クリーニングツールが付属する。