新オンライン音楽フェス「LIVE HUMAN 2020」が、6月20日(土)、21日(日)の2日間にわたって開催されることが決定。第一弾として、13組のアーティストの参加が発表された。

新型コロナウイルスの感染拡大で音楽産業が大きな変化を迎える中、新たな生活環境の中で高音質高画質のフェスを生体験しつつ、アーティストとオーディエンスがオンラインで繋がることで生まれるエンターテインメントの「進化」の進行形をさらけ出し、新しい「イマ」を作るための実験的音楽フェスティバル。

初開催となる今回のテーマは「“イマ”をさらけ出す」。全国のライブハウスやスタジオから届けられるパフォーマンスに加え、アーティストの「イマ」=新曲を披露するなどチャレンジングな内容が準備される予定だという。

イベントはABEMAの新有料オンラインライブ機能「PayPerView」によって、大規模オンライン音楽フェス第一弾として独占、世界同時生配信される。6月20日、21日共に13時半より開催予定で、視聴料金は各日とも2,500ABEMAコイン。チケットは6月16日17時より販売が開始する。

今回発表された第一弾出演アーティストは、Awesome City Club・大塚 愛・大橋トリオ・kojikoji・THE CHARM PARK・SKY-HI・土岐麻子・tricot・BASI・平井 大・ビッケブランカ・betcover!!・みゆな等13組。

また、“世界を股にかけ活躍するグラフィックアーティスト”による限定アパレルやグッズも準備中で、第2弾発表アーティストや、スペシャル企画の詳細も追って発表されるという。