JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、自動車販売/カーリース/レンタカー業界など特定販路向けの前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450DC」を7月上旬に発売する。価格はオープン。

あおり運転や事故の映像報道を受け、ドライブレコーダーの需要が営業車などのリース車両、レンタカーを提供する企業でも高まっていることを受けて開発したドライブレコーダー。録画データを管理するため、利用者が簡単に操作設定の変更ができない仕様を採用する。また特定販路向けとしては初の、前方・後方の同時録画に対応する2カメラモデルとなる。

本体操作の制限については、本体の操作防止カバーを付属することで実現。本体をカバーで覆うことで、レンタカーなどで車両の利用者による設定変更や、SDカード・電源ケーブルの抜き差しを防ぐことができる。

カメラは前後ともF1.8のレンズを採用し、フルハイビジョン録画に対応する。フロントカメラは水平122度の広視野角レンズとなっており、2.0型フルカラー液晶も搭載。HDR機能により、トンネル出入り口など明暗差の大きなシーンでも白飛び・黒つぶれを抑えた録画が行える。GPSで自車位置の記録が可能なほか、LED信号機の無点灯記録を防止する27.5Hzのフレームレート設定も行える。

録画機能では、エンジンのオン/オフに連動する常時録画、搭載Gセンサーによるイベント記録、手動でイベント記録フォルダにデータを記録できる手動録画に対応。また、リア・スモークガラスに対応した「スモーク シースルー機能」を搭載する。SDカードへの記録エラーを防止するSDカードメンテナンスフリー機能も備える。

また運転支援機能として、前方車との車間距離を警告する前方衝突警告、時速60km以上で走行中に車線はみ出しを警告する車線逸脱警告、停止中に前方車両の発信を知らせる発信遅れ警告を搭載。長時間の連続運転を警告するリフレッシュ通知や、Gセンサーで運転を自動診断するエコドライブ表示機能にも対応する。

そのほか、付属品として車載電源ケーブルを付属する。これにより、車室内のシガープラグを使用せずに設置が可能。別売の電源ケーブル「CA-DR350」を使用することで、最長24時間の駐車監視録画にも対応する。