Amazon Prime Videoは、又吉直樹の原作恋愛小説を行定勲監督、山崎賢人・松岡茉優主演で実写化した映画『劇場』を7月17日から独占配信する。

全国の映画館での劇場公開と同日から見放題配信。邦画(実写)が劇場公開と同時に定額制動画サービス上で配信されることは、日本のPrime Videoで初の取り組みとなる。

■Amazon Prime Video コンテンツ事業本部長 ジャパン 児玉隆志 コメント

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、多くの映画が公開延期を決断する中、『劇場』を楽しみに待たれているお客様へ、本作に携わられた方々の想いと共に作品をお届けする運びとなりました。又吉直樹さんが描かれた繊細な恋愛純文学を、行定勲監督と旬な俳優陣が形にされた素晴らしい作品です。日本のPrime Videoから世界中のお客様に、劇場公開と同時に配信出来ることを光栄に思います。

■監督:行定勲 コメント

私が監督した映画『劇場』が7/17に公開されることとなりました。当初より規模は縮小されますが、ユーロスペースをはじめ全国20館のミニシアターを中心に公開します。それと同日に、Amazon Prime Videoにて全世界への配信が開始されます。

本作は公開直前に緊急事態宣言が出され延期を余儀なくされました。その後、延期を決めたものの思い通りの再公開の状況が作れないという問題に直面していたところに、Amazonから声をかけて頂きました。しかも公開と配信を同時にという私の希望を叶える形で。これはコロナ禍において私の作った映画がより観客に届くことを最優先させた結果です。是非、渾身の想いでつくった映画『劇場』を映画館で、そしてご自宅で、皆様に観ていただきたいです。私たちスタッフ、キャスト一同の映画への想いが詰まった作品です。観客の皆様の心に響くことを信じております。何卒、よろしくお願い致します。

■原作:又吉直樹 コメント

映画『劇場』ようやく皆さんに観ていただけるようで嬉しく思います。『劇場』は題名の通り、劇場を表現の場として演劇に青春を捧げる若者の物語であると同時に、小さな部屋を舞台とした恋人との日常の物語でもあります。『劇場』も『部屋』も自分にとって、あらゆるものが剥きだしになる特別な場所です。映画館でご覧いただきたいのはもちろんですが、皆さんの日常に近い場所でも、この映画がどのように響くのかとても楽しみです。私は原作を書いただけで、直接映画の制作には関わっていませんが、本当に素晴らしい作品になっていて、行定監督や俳優陣の皆さんに感謝しています。自信を持って、おすすめします。

<ストーリー>

『劇場』は山崎賢人氏演じる永田と松岡茉優氏演じる沙希の“一生忘れられない恋”を描いたストーリー。主人公は高校からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員からも見放される。

解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていたある日、街で自分と同じスニーカーを履いている沙希に声をかける。お金のない永田は、女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希の部屋に転がり込み、ふたりで一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実の間を埋めようとますます演劇に没頭していくのだが…。