ラディウスは、LDACやaptX HDなど幅広いコーデックに対応するBluetoothイヤホン「HP-R100BT」を7月5日から発売する。ブラック/レッドの2色を用意し、価格はオープンだが、税抜19,000円前後での実売が想定される。

HP-R100BTでは、音質や低遅延、接続性能の特徴が異なる6種のコーデックに対応。SBC/AAC/aptXに加えて、96kHz/24bitまで伝送できるLDACや、48kHz/24bitまで伝送可能で、より接続安定性が高く遅延の少ないaptX HDもサポートし、ワイヤレスでハイレゾ相当の音楽再生が可能としている。さらに、動画視聴やゲームプレイに最適な低遅延のaptX LLにも対応する。

内部にはハイレゾ再生が可能なφ7mmドライバーを搭載、再生周波数帯域は5Hz - 40kHz。筐体には不要な振動を抑制する高剛性アルミニウムを採用し、表面にはアルマイト処理を施すことで、汚れにくく耐久性も向上させたとのこと。流線型のデザインは切削加工により仕上げられ、アルミニウムの持つ美しさと機能性を両立するとしている。

Bluetoothはバージョン5.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応する。連続再生時間はSBC/AAC接続時で最大約8時間。5台までのマルチペアリング、2台までのマルチポイントもサポートする。

ハンズフリー通話に対応し、ケーブルに装備したリモコンからボリューム操作/再生/停止/曲送り/曲戻し/受話/終話の操作が行える。バッテリー部分には着脱が可能なクリップを付属し、使用時に襟元などに固定することができる。

イヤーチップには耳のより奥でフィットする形状としたディープマウントイヤーピースをXS/S/M/Lの4サイズ同梱、これにより安定した装着感と豊かな低音再生が可能だとしている。他充電用のマイクロUSBケーブルも用意する。