オッポジャパンは、ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51」を8月下旬に発売する。予約は8月7日15時から開始され、価格は15,800円(税込)。また下位モデル「OPPO Enco W11」は8月7日発売となり、価格は5,800円(税込)。

同社初となる完全ワイヤレスイヤホンとして、今月21日に発表されたモデル。発表時には2つとも8月上旬の発売と案内されていたが、Enco W51は8月下旬に延期、Enco W11は8月7日の発売に決定した格好だ。

Encoシリーズは、防水・防塵機能を備えるほか、左右同時伝送方式により、低遅延の音楽視聴や通話を実現するという特徴をもつ完全ワイヤレスイヤホン。

W51は、電車の中でも音楽がクリアに聞こえるという、最大35dBのノイズキャンセリングを搭載。またW11はノイズキャンセリング非搭載だが、チタンでコーティングした8mmの振動板を採用する。