エミライは、FiiO Electronicsブランドの完全ワイヤレスイヤホン「FW1」を9月11日に発売する。価格はオープンだが、税抜9,000円前後での販売が予想される。

FiiO専用に特注仕様としたKnowles製BAドライバー1基を搭載。「歯切れよくダイナミックな低域、豊かな中域、情報量豊かで精緻な表現力の高域を特長としながら、広い周波数にわたってスムーズな位相特性で自然な音質を実現」するとしている。再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。

SoCにはクアルコム製「QCC3020」を搭載。さらにLDS(レーザー・ダイレクト・ストラクチュアリング)アンテナを内蔵し、高い接続安定性を確保するとともに、伝送範囲・受信性能・干渉防止能力を向上させたという。Bluetoothのバージョンは5.0。コーデックはSBC/AAC/aptXに対応する。

また、TWS+をサポート。対応スマホと組み合わせて使うことで、ソース機器から左右のイヤホンに直接接続可能。遅延を抑え安定した接続を実現する。

さらに、「cVc noise cancelling technology 8.0」対応マイクを内蔵し、クリアな通話も可能としている。

連続音楽再生時間はイヤホン単体で7時間、充電ケースもあわせて最長21時間。フル充電までの時間は2時間以内となっている。

イヤホン本体は片側約4.3g。操作はタッチセンサー式。シリコン製イヤーチップ(S/M/L)、USB Type-C充電ケーブルが付属する。