(株)エム・エス・シーは、新ブランド「SOUNDSOUL」の第1弾として、片耳わずか3.9gの完全ワイヤレスイヤホン「E1」を9月11日に発売する。価格はオープンだが、税抜5,900円前後での実売が予想される。

SOUNDSOULは、日本の「M-SOUNDS」と、中国・深センの「SOUNDPEATS」とのコラボレーションによって誕生した新ブランド。M-SOUNDSがもつ開発力やノウハウと、世界最大級の技術力と生産能力をもつSOUNDPEATSの長所をかけ合わせることで、日本人が好む音、装着感、品質を追求した。

その第1弾となる「E1」は、「日本人による日本人のためのコストパフォーマンスに優れたイヤホン」をコンセプトにした完全ワイヤレスイヤホン。片耳3.9gという業界最軽量クラスの軽さを実現。「装着感を感じさせない “付け感ゼロ” の使い心地」により、音楽や作業に没頭できるとしている。

ドライバーには新開発のφ7.2mm バイオセルロース振動板を採用し、バランスの良いクリアなサウンドを追求。SoCにはQualcomm「QCC3020」を採用し、コーデックはSBCとaptXをサポート。左右の信号を個別に送信する「TrueWireless Stereo Plus」にも対応する。

高感度アンテナを搭載することで、電波干渉の多い街中でも安定して音楽を楽しめるとのこと。連続再生時間は約7時間で、充電ケースとの併用で最大24.5時間の使用が可能。充電時間はイヤホン本体が約2時間、充電ケースが約2時間となっている。

IPX5相当の防水性能を備え、突然の雨やスポーツ時の使用にも配慮した。ハウジングにはタッチセンサーを備え、ワークアウトやランニング時でもかんたんに操作できるという。

充電ケースの外形寸法は32W×66H×28.8Dmmで、質量は約26.3g。また、イヤホンの外形寸法は17.4W×27.3H×21.3Dmm。充電用のUSBケーブル(MicroB-Type-A)と、3サイズ(S/M/L)のイヤーピースが付属する。

そのほか、購入日より1年間の保証サービスや、 M-SOUNDSスタッフによるメールでのアフターサポート体制も用意。「初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入するユーザーにも最適」だと説明している。