Amazonは、本日9月10日より、Amazon Fire TVシリーズにアップデートを行い、メニュー画面にライブ配信サービスのコンテンツを専門的に表示する「ライブ」タブを追加する。アップデートは順次配信される。

「ライブ」タブには、Fire TVに視聴アプリをインストール済みのライブ配信サービスのチャンネルが集約され、サービスやジャンルごとにリストアップされる。視聴アプリを立ち上げたり切り替えたりする手間を省き、スポーツや格闘技の中継、ニュース、ゲーム配信等のお気に入りのライブ配信コンテンツが簡単に検索できるようになる。

また、各チャンネルの配信予定は電子番組表「チャンネルガイド」にて2週間分を確認できるほか、Fire TVのホーム画面では視聴可能なライブ配信がレコメンドされるようになる。

本機能スタート当初にサポートするライブ配信サービスは、Amazon Prime Videoチャンネル/ABEMA/Hulu/Red Bull TV/Twitchで、追ってDAZNもサポートする予定。同社では今後も順次パートナー企業やコンテンツを増やしていきたいとしている。