東芝エルイートレーディングは、「Aurexシリーズ」より、完全ワイヤレスイヤホン「RZE-ABT950」を10月上旬から発売する。価格はオープンだが、税抜6,000円前後での実売が予想される。

RZE-ABT950は、同社として国内初リリースとなる完全ワイヤレスイヤホン。高磁力マグネット採用の6mm径ダイナミック型ドライバーとBluetooth Ver.5.0+EDR仕様の低消費電力・高音質ICを採用する。

そのサウンドは低音域から高音域までバランスの取れた音質を再現し、中音域では張りのあるボーカルを再生。さらに独自のチューニングにより、力強い重低音が楽しめるとアピールする。

本体は耳にフィットして落ちにくく、音漏れがしにくい独自形状を採用。タッチセンサーを内蔵することで、イヤホンタップにより電源オン/オフや再生/一時停止などの操作が可能。スマートフォンの音声アシスタントとの連携にも対応する。

連続音楽再生時間は最大4時間で、充電ケースとの併用で最大25時間の再生が可能。本体はIPX4相当の防水性能を備えており、ランニング時の汗や雨にも耐えられる。カラーは本体がブラックメタリック、充電ケースがシルバー。

BluetoothコーデックはSBC/AACをサポート。音圧感度は102dB、再生周波数帯域は20Hz - 20kHz。質量はイヤホンが片側約4.8g、充電ケースが約65g。