加賀ソルネットは、同社が取り扱うSkullcandy(スカルキャンディー)のヘッドホン“Crusher”新モデル「Crusher Evo」を10月1日より発売する。価格は23,800円(税込)。

世界で唯一だという低音に連動して振動する「センサリーベース機能」を搭載するCrusherシリーズの新モデル。今年のCESで発表された製品の詳細な発売日と価格が決定したかたち。

ドライバー径は40mmで、今回刷新したことにより、さらに重厚な重低音と臨場感を表現するという。さらにイヤーカップの無段階スライダーを調整することで、重低音から艶のあるサウンドまで幅広く対応可能としている。再生周波数帯域は20Hz-20kHzで、インピーダンスは32Ω。

また、上位モデル「Crusher ANC」のみに搭載されていたAUDIODO社の「パーソナルサウンド機能」を採用。アプリ上で個々の聴覚にあわせ、音を理想的な波形に補正することで、オンリーワンのサウンドを楽しめるとする。加えて音楽/映画/ポッドキャストという3つのイコライザーモードも使用可能。

忘れ物防止アプリ「Tile」も搭載しており、紛失した際には接続が切れたおおよその場所を追跡したり、本機からアラーム音を発して捜索することができる。

BluetoothはVer.5.0に、コーデックはSBC/AACに対応。バッテリー持続時間は最大40時間で、質量は400g。トゥルーブラックとチルグレイの2カラーをラインナップする。