ジェネレックジャパンは、サブウーファー“Fシリーズ”をアップグレード。「F One」「F Two」を10月より順次出荷する。価格はオープンだが、F Oneは税抜100,000円前後、F Twoは税抜200,000円前後での実売が予想される。

今回のアップグレードにより、入力端子として光/同軸デジタルを新搭載。昨今のトレンドを鑑み、2.1chでの接続やホームエンターテインメントにおけるハブとしての機能性に特化した仕様になっており、ホームオーディオ向けスピーカー“Gシリーズ” と組み合わせることで、究極のホームオーディオシステムを構築できるとしている。

またアクティブ・クロスオーバーやベース・マネジメント・システム、ルーム・レスポンス補正といった機能は前モデルより踏襲しつつ、自動入力検出、幅広いリモート・コントロール・オプションなど様々な機能を搭載。本機をハブにした際はシステムの再生レベルをワイヤレス・ボリューム・コントロールで調節可能で、また付属の赤外線リモコンのコマンド学習機能や、有線によるボリューム・コントロール(オプション)もサポートするという。

F Oneは、165mm径ドライバーと40WのクラスDアンプを搭載するモデル。周波数特性は35Hz-85Hz(-6dB)で、SPLは100dB。入力端子として光デジタル、同軸デジタル、3.5mmアナログを各1系統ずつとRCAを3系統(L、R、LFE)、出力端子としてRCAを2系統(L、R)搭載する。外形寸法は305W×251H×305Dmmで、質量は5.6kg。

F Twoは、205mm径ドライバーと150WのクラスDアンプを搭載するモデル。周波数特性は27Hz-85Hz(-6dB)で、SPLは103dB。入力端子は光デジタル、同軸デジタル、3.5mmアナログを各1系統ずつとRCAを3系統(L、R、LFE)、出力端子はXLRを2系統、RCAを3系統(L、R、LFE*2台以上のF Twoをデイジーチェーン接続して使用可能)搭載する。外形寸法は362W×300H×362Dmmで、質量は8.5kg。