シャープは、10月25日に石川県金沢市に移転開館した「国立工芸館」において、同社の8K活用技術「8Kインタラクティブミュージアム」が採用されたと発表した。

8Kインタラクティブミュージアムは、間近で見たり、直接手に取ったりすることが難しい貴重な美術作品などの鮮明な画像を、超高精細の8Kディスプレイに映し出すシステム。タッチパネル操作によって見たい部分を自在に拡大/縮小/回転しながら鑑賞することができる(関連ニュース)。

今回この8Kインタラクティブミュージアムが、国立工芸館の「デジタル鑑賞システム」として採用。同館が所蔵する川喜田半泥子(かわきたはんでいし)作『志野茶碗 赤不動』(1949年)の高精細画像を70V型8Kタッチディスプレイに映し出し、白色と緋色のコントラストや、茶碗の高台の造形、金継ぎの細工まで、拡大してじっくりと鑑賞することが可能。

また、作品全体の紹介文に加え、特徴的な技巧が施された部分に「見どころマーカー」を表示。鑑賞ポイントを多言語でわかりやすく解説し、工芸の専門知識を持たない人でも作品の魅力を深く味わうことができるとしている。デジタル鑑賞システム対応の展示品は今後も追加予定とのこと。

国立工芸館は、1977年に東京・北の丸公園に東京国立近代美術館工芸館として開館、その後通称を国立工芸館とした上で、2020年10月25日より石川県金沢市にて移転開館している。