JBLは、ヘッドホンの最上位シリーズとして「CLUB」シリーズを新たに始動。オーバーイヤーヘッドホン「CLUB ONE」「CLUB 950」と、完全ワイヤレスイヤホン「CLUB PRO+ TWS」の3モデルを発売する。発売はいずれも11月中旬を予定。

価格はいずれもオープンだが、JBLオンラインストアの販売価格は、「CLUB ONE」が34,800円(税抜)、「CLUB 950NC」が24,800円(税抜)、「CLUB PRO+ TWS」が22,800円(税抜)。

CLUBシリーズはJBLブランド初となるハイブリッド式ノイズキャンセリングを搭載。プロフェッショナルユースにも使用できる、耐久性も高いシリーズとして開発されたモデルで、オーバーイヤータイプの「CLUB ONE」「CLUB 950」は、有線接続時においてハイレゾ音源にも対応する。専用の「My JBL Headphone」アプリで、イコライザーやパーソナライズの設定も可能となっている。

CLUB ONEには、頭の動きや眼鏡など外部要因によって引き起こされる音漏れを自動的に検知し、ノイズキャンセリングのレベルを補正する機能を搭載。また、周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能、本体を耳から外さずに会話ができるトークスルー機能も搭載。外部ノイズを自動で認識して、最適化した音を提供することができる。

グラフェン素材でコーティングした振動板を採用した40mm径のドライバーを搭載。スピーカーのプラスチック筐体にはJBLを象徴するオレンジのカラーを採用している。2時間の充電で、最大45時間のワイヤレス再生を実現、ノイズキャンセリングがオンの状態では23時間の連続再生が可能。

ノイズキャンセリング用マイクのほかに、通話など音声入力用のビームフォーミングマイクも搭載。周囲のノイズを低減しつつ通話も可能としている。

Bluetoothはバージョン5.0に対応、対応コーデックはSBC、AACとなっている。インピーダンスは32Ω、周波数特性はパッシブ時で10Hz~40kHz、アクティブ時で20Hz〜20kHz。質量は約378.5g。

CLUB 950NCにもハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能に加え、アンビアントアウェア機能、トークスルー機能も搭載。低音域を増強させるバスブースト機能も搭載。

2時間の充電で最大55時間のワイヤレス再生を実現。ノイズキャンセリングがオンの場合は最大25時間の再生が可能となっている。

Bluetoothはバージョン5.0に対応、対応コーデックはSBC、AACとなっている。インピーダンスは32Ω、周波数特性はパッシブ時で16Hz~40kHz、アクティブ時で20Hz〜20kHz。質量は約372g。

完全ワイヤレスイヤホンCLUB PRO+ TWSについては、6.8mmのダイナミックドライバーを搭載。本体外側に配置されたフィードフォワードマイクと、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置するフィードバックマイクを搭載し、遮音性の高いノイズキャンセリングを実現している。

イヤホンのどちらか片方を単体でも使用できるDual Connect機能を搭載。防水機能としてIP4Xに対応し、日常の生活内で浴びる水しぶきから本体を保護することができる。

イヤホン単体ではノイズキャンセリングをオンにした場合最大約6時間、オフにした場合最大約8時間の再生に対応。充電ケースはノイズキャンセリングをオンにした場合最大約18時間分、オフにした場合最大約24時間分の充電ができる。

Bluetoothはバージョン5.1を搭載。対応コーデックはSBC、AAC。周波数特性は10Hz〜20kHz。質量はイヤホン本体が左右約7g、充電ケースが約55.4gとなっている。

イヤーチップはS、M、Lの3種類を同梱するが、アプリ「My JBL Headphone」から、「最適なフィット感をチェックする」というメニューにより、自分の耳にあったイヤーチップのサイズを確認することができる。

ハーマンインターナショナルは、JBLのヘッドホンの市場について、2020年1月にはヘッドホン、イヤホンの全世界累計が1億台を突破したことを発表。日本市場においてもBluetoothイヤホンが爆発的に市場を拡大したが、以前からJBLが培ってきたバッテリー技術やDSP、防水技術などを活用することで、完全ワイヤレス市場でプレゼンスを拡大することができたとしている。

手頃な価格のワイヤレスイヤホンの市場は今後も拡大が予想されており、また高機能・高音質のプレミアムセグメントや、ゲーミングの分野においても製品の投入を予定しているという。