JVCケンウッドは、JVCブランドより、ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「HA-A50T」を11月中旬から発売する。価格はオープンだが、税抜10,000円前後での実売が想定される。

HA-A50Tでは、内蔵マイクで集音した周囲のノイズを打ち消す信号を高精度に生成することでノイズを低減。また遮音性を高める低反発イヤーピースも付属し、より耳穴にフィットして快適な装着感も実現するとしている。

「タッチ&トーク機能」も装備。ワンタッチで音量を下げてマイクで外音を取り込み、装着したまま会話も可能としている。

高磁力ネオジウムマグネット採用のφ10mmダイナミックドライバーを搭載。低域から高域までバランスよく、パワフルでクリアなサウンドを実現するとしている。

タッチコントロールを備え、電源のオン/オフ、ボリューム調整、再生/一時停止/曲送り/曲戻しなど基本操作のほか、ノイズキャンセリング機能のオンオフ、タッチ&トーク機能操作も可能だ。

イヤホンはIPX4の生活防水仕様。本体カラーはブラック/ブルー/トープの3色をラインナップする。マイク搭載でハンズフリー通話やテレワーク使用も可能で、ペアリングしたスマートフォンの音声アシスタント起動にも対応する。

Bluetoothはバージョン5.0。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP、コーデックはSBC/AACをサポートする。アンテナ位置を最適化したFPCアンテナを採用し、ワイヤレス接続安定性も図られている。

イヤホン本体の連続再生時間は、ノイズキャンセリングONの状態で約6時間、充電ケースと併用して最大約24時間の使用が可能(ノイズキャンセリングOFFではイヤホン単体が約8時間、ケース併用で最大約32時間)。

充電ケースへの出し入れで自動的に電源オン/オフやワイヤレス接続が可能。収納部はマグネット内蔵で、イヤホンの落下防止にも配慮している。イヤーチップには上述の低反発タイプをS/Mサイズ、通常のイヤーチップをS/M/Lサイズ付属。充電用USB Type-Cケーブルも同梱する。