アップルは、Apple TV向けの新OS「tvOS 14.2」を提供開始した。また、HomePod向けのOSも、新たに「ソフトウェアバージョン14.2」の提供をはじめた。

tvOS 14.2をインストールしたApple TV 4Kと、新ソフトを入れたHomePodを組み合わせ、サラウンド再生を行うことが可能になった。Appleではこの機能を「ホームシアター」と呼称している。

年内に、HomePodでサラウンド再生が行えるようになることは発表されていたが、それが新ソフトによって実現した格好だ。なお、HomePod miniでは同機能を利用できない。

HomePodをApple TV 4Kに接続し、ステレオ、5.1chや7.1chサラウンド、そしてドルビーアトモスの再生が可能になった。iOSの「ホーム」アプリからHomePodの設定に入り、Apple TVの音を再生するかどうかを選択できる。

さらに2台のHomePodをペアリングして使うことで、ステレオサウンドを使った、より広い音場、臨場感あふれるサラウンド体験が可能になるとしている。

HomePodの価格は32,800円(税抜)で、スペースグレイとホワイトの2色を用意している。