JVCケンウッドは、同社ケンウッドブランドから、完全ワイヤレスタイプの “耳の装着するスマートデバイス” 「WS-A1」を2021年1月中旬、「WS-A1G」を2021年2月上旬より順次発売する。いずれもオープン価格だが、市場では税抜35,000円前後での実売が予想される。

音声アシスタントの活用に主眼を置いた製品で、「WS-A1」はAmazon Alexa、「WS-A1G」はGoogleアシスタントを搭載。片耳あたりマイクを3基搭載する「トリプルマイクシステム」と独自のアルゴリズムにより、屋外の騒々しい環境でも正確な音声認識が可能。

また、ベリリウムコーティング振動板採用の10mmダイナミックドライバーを搭載するなど、同社がヘッドホン開発で培った技術を活用。音声アシスタントのメッセージや通話音声はクリアで聞き取りやすい音質で、音楽はダイナミックかつ繊細なサウンドで再生できるとしている。

ノイズキャンセリングモードと外音取り込みモードをシームレスに切り替えられる「アンビエント・サウンド・シームレス・コントロール」機能を搭載。本体右側のタッチパッドを上下になぞるだけの直感的な操作で、周囲の音の遮断と取り込みの割合を調節することができる。

また、取り込んだ人の声を明瞭にする「ボイス・エンハンスメント・モード」機能により、本製品を装着したままでも会話や施設の館内放送の聞き取りが容易に行えるとしている。

装着面においては、イヤーピース部とイヤーサポート部の2段構成で快適かつ安定したフィット感を実現する「イヤーピロー」を新開発。イヤーサポート部は柔らかい素材と硬い素材の2層からなる「ダブルレイヤーシリコン」を採用し、自然な耳あたりを追求している。

ノイズキャンセリングONの状態で最長約8時間の連続再生が可能。専用ケースでの充電と合わせれば最長24時間の連続利用が可能。専用ケースは片手でオープンし、スムーズにイヤホンが取り出せるよう設計され、ワイヤレス充電にも対応する。

その他、BluetoothコーデックはaptX/AAC/SBCをサポート。イヤホン本体はIPX4相当の生活防水を備える。質量はイヤホン本体が約9.6g(片側)、ケースが92.5g。イヤーピースとイヤーサポートはそれぞれL/M/Sの3サイズが付属する。