ソニーは、同社の立体音響技術「360 Reality Audio」のエコシステムの拡充を発表。新たな取り組みとして立体音響と映像を組み合わせたビデオコンテンツの配信や、対応楽曲制作ツール「360 Reality Audio Creative Suite」の共同開発、対応機器の拡大、他社への技術ライセンス提供を進めることを表明した。

360 Reality Audioは、ソニーが独自に開発したオブジェクトベースの立体音響技術。欧米などではすでに対応楽曲の配信を開始しており、アリシア・キーズ、ザラ・ラーソンの新曲を含む4,000曲以上の対応楽曲が提供されている。

同社は主要音楽レーベルやストリーミングサービスと提携し、立体音響と映像を組み合わせた、アーティストによるライブパフォーマンスのビデオコンテンツ配信サービスを年内に開始予定と説明。アーティストと同じ空間にいるような臨場感と没入感が体験できるとしている。

サービス開始に先駆け、360 Reality Audio初のビデオコンテンツとしてザラ・ラーソンによるパフォーマンスを、1月12日午前7時より楽曲配信アプリ「Artist Connection」にて配信予定。1月12日より開催予定のイベント「CES 2021」に合わせてのもので、同コンテンツは日本国内でも視聴可能となっている。

また、音楽ソフトウェア開発会社のVirtual Sonics社との共同で、対応楽曲制作ツール「360 Reality Audio Creative Suite」を開発したことを発表。DAW(楽曲制作アプリケーション)のプラグインソフトとして1月末からのダウンロード発売を予定しており、同ツールで制作した楽曲を配信する取り組み「クリエイター・プログラム」を、Music.comおよび米国の音楽配信会社・The Orchard社と協業展開する予定とのこと。

加えて、360 Reality Audio対応ワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」「SRS-RA3000」を今春以降に発売することと、360 Reality Audio対応ヘッドホンで音声を一人ひとりに最適化する独自技術や、360 Reality Audio対応スマホや車載オーディオで再生するための独自技術のライセンス提供を開始したことも発表された。