飯田ピアノは、同社取り扱いブランドHiByから、小型DAP「R5」のパーツやチューニングを変更したバリエーションモデル「R5Saber」など、新製品3モデルを2月19日より発売する。ラインナップと市場での予想実売価格は以下の通り。

【DAP】

・「R5Saber」:予想実売価格45,000円前後

・「R2」:予想実売価格12,000円前後

【USB-DAC】

「FD1」:予想実売価格9,100円前後

「R5Saber」は、2019年に発売した「R5」のバリエーションモデル。オペアンプをベースモデルのテキサス・インスツルメンツ製OPA1612からOPA1642へと変更することでDACチップの性能をさらに引き出し、複雑な音楽的要素を確実に再現できるHi-Fi志向のチューニングを施したとする。

DACチップはベースモデルと同じくシーラスロジック製「CS43198」をデュアルで搭載。PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzまでの再生、およびMQA再生をサポートし、USBデジタル入出力にも対応する。

OSはAndroid8.1ベースのHiByOSを採用し、クアルコムのSoC「Snapdragon 425」、2GBのRAM、16GBのストレージ、最大2TBまで対応のmicroSDカードスロット1基を内蔵する。

出力端子は4.4mmバランス/3.5mmシングルエンド出力を1系統ずつ搭載。コンパクトな筐体サイズながら、4.4mm接続時でで1,040mW(16Ω)の強力な出力を実現したとする。連続再生時間はバランス時で最長約11時間、シングルエンド時で最長約18時間。

ほか、リモートコントロール機能HiByLink、音響補正機能MSEB、2.4GHz/5GHz Wi-Fi、Blluetooth送受信等に対応。筐体はアルミニウム合金製で、外形寸法は61.2W×107.7H×15.6Dmm、質量は約160g。

「R2」は、新開発の亜鉛合金シャーシを採用した、ブランドのラインナップ中最もコンパクトなエントリーDAP。コンパクトさと豊富な入出力により、さまざまな活用ができるとアピールされている。

DACチップにESS「ES9218」を採用し、PCM 384kHz/32bit、DSD 5.6MHzまでの再生、MQA再生をサポート。3.5mmヘッドホン出力を1系統搭載し、USBデジタル入出力に対応。ストレージは内蔵せず、microSDカードスロット1基を搭載する。

Wi-Fi 2.4GH/5GHzに対応し、音楽ストリーミングやインターネットラジオの聴取、ファイル転送などが可能。Bluetooth送受信に対応し、コーデックはUAT/LDAC/aptX/AAC/SBCをサポートする。

その他、内蔵デュアルマイクによるステレオ録音、リモートコントロール機能HiByLink、音響補正機能MSEBなどに対応。連続再生時間は最長約15時間。外形寸法は61W×61H×12Dmm、質量は約85g。

「FD1」は、R2との組み合わせを念頭に開発されたポータブルUSB-DAC/ヘッドホンアンプ。3.5mmシングルエンド出力に加え、R2には無い2.5mmバランス出力も搭載する。USB端子は Type-Cを採用するため、Android/iOS端末、Windows/macOS端末などでも利用できる。

DACチップにESS「ES9118」をデュアルで搭載し、PCM 384kHz/32bit、DSD 5.6MHzまでの再生をサポート。3.5mm接続では26mW(32Ω)、2.5mm接続では75mW(32Ω)での出力が可能。なお、3.5mm接続ではインラインリモコンでの操作にも対応する。

ほか、側面には「ハードウェアUSBモードスイッチ」を搭載。接続する再生機器との相性や利用方法に応じてUSB Audio 1.0と2.0を任意に切り替えることができる。外形寸法は61.5W×61.5H×9.5mm、質量は約71.5g。