マイクロソフトは、「Xbox ワイヤレスヘッドセット」を3月16日に発売する。同社直販ストアの価格は10,978円(税込)。

Xbox Series X/S、Xbox One、Windows10に対応するワイヤレスヘッドセット。Windows Sonic、Dolby Atmos、DTS Headphone:Xといった立体音響技術に対応する。

ドングルやベースステーションを使わずに、Xboxで低遅延のオーディオが楽しめるとのこと。Windows 10との接続は、別売の「Xbox ワイヤレス アダプター」やUSB-C ケーブル、もしくはBluetooth 4.2以上に対応している必要がある。

ドライバーサイズは40mmで、合成紙製ダイヤフラムとネオジム磁石を採用。インピーダンスは32Ω、再生周波数帯域は20Hz - 20kHzとなる。

使用しないときに収納可能なマイクを採用。音声分離機能を搭載し、音声にフォーカスすることで背景ノイズを抑制する。話していないときにはマイクを自動的にミュートする機能を搭載。手動のミュートボタンも備える。

イヤークッションの素材にはポリウレタンレザーとフォームクッション材を使用する。ヘッドバンドは内蔵スチールメタルバンドとなり、フォームクッション材を採用。イヤーカップはダイヤル状になっており、音量やゲームとチャットのバランスを変更できる。

ほか、Xboxアクセサリアプリから、イコライザー設定、低音ブースト、自動ミュート感度、マイク監視レベルなどを調整可能。モバイルデバイスとのBluetooth接続にも対応し、コーデックはSBCをサポートする。連続使用時間は最大15時間で、質量は312g。