エミライは、同社が取り扱うFiiOのイヤホン “FDシリーズ” より、フラグシップモデル「FD5」を2月26日より発売する。価格はオープンだが、43,000円前後での実売が予想される。

ドライバーとして新開発の12mmダイナミックドライバーを1基搭載。ベリリウムと、ダイヤモンド並の強度を持つカーボン素材「DLC(Diamond-like Carbon)」を組み合わせた「ベリリウムコーティングエッジ&DLC振動板」は、ドライバーの不要振動を低減し、適切なダンピングを施すことで音質を向上。優秀なバランスの周波数特性を持ち、全帯域で歪みが最小限に抑えられているという。

また、異なる帯域間の時間遅延に伴う問題を解決するための機構「アコースティック・プリズム・システム」を搭載。スピーカー分野でトゥイーターの調整に用いられる技術を発展させたもので、振動板の前端近くに円錐形状のディフューザーを設置することにより、音波の音導管内での伝わり方を正確にコントロール。高域の定在波を排除し、全体的な音の拡散性の改善などが可能だとする。

加えて背面には低域の定在波と歪みを低減、拡散性を改善するための機構「ボルカニック・フィールド」を搭載。円筒形のステンレススチール筐体は内部の不要共振と音波の反射を大幅に減らすほか、セミオープン構造により鼓膜にかかる圧力を緩和し、快適な長時間のリスニングが可能としている。

音導管は交換可能で、大/小の2タイプを用意。フィット感に合わせて調整可能で、大はバランス重視、小は歯切れの良い低音重視のサウンドだという。なお、小はより深く挿入することで良い音質を得られるため、トリプルフランジのイヤーチップと合わせることが推奨されている。

ケーブルは音楽を完全かつ忠実に再現するという、8本組単結晶銀メッキ銅ケーブルを使用した改良型MMCXリケーブルを付属。プラグ部は2.5mm/3.5mm/4.4mmの交換が可能。再生周波数帯域は10Hz - 40kHzで、感度は109dB@1mW、インピーダンスは32Ω@1kHz。

イヤホン片側の質量は11g。シリコン製イヤーチップは低音重視型/バランス重視型/ボーカル重視型と3種類用意し、いずれもS/M/Lサイズを付属。ほかメモリーフォーム製イヤーチップ4組、トリプルフランジイヤーチップ(S/L)、収納ケース、上述した交換用の音導管とプラグなどが付属する。