Brise Audioは、ブランド初のポータブルヘッドホンアンプ「TSURANAGI」を発売する。本体価格は297,000円(税込)。また、ミニミニケーブル「YATONO-MINI-LE」のバランス端子モデルを同梱するセットを330,000円、アンバランス端子モデル同梱セットを319,000円でラインナップする(いずれも税込)。

3月30日正午より、同社公式ストアにて初回ロットを10台限定で販売。店頭での発売日は後日アナウンス予定としている。

同社のハイエンドイヤホンケーブルやラインケーブルの開発評価機として、理想のポータブルオーディオ環境を構築するために開発したというアナログヘッドホンアンプ。ソースの情報を余すことなく表現することをテーマにしつつ、「ケーブルの性能と音質をスポイルしないようなアンプを目指した」という。

入力端子は4.4mmバランスと3.5mmアンバランスを1系統ずつ搭載。バランス入力信号は最初段の差動ラインレシーバーにてアンバランス信号へ変換することでコモンモードノイズ(信号に対して同じ位相で伝わるノイズ)を効果的に除去し、ノイズの多い屋外でもクリーンな再生が可能。また、アンバランス入力においても一般的なアンプより低ノイズだとしている。

後段の複合アンプにて信号をバランス変換し、歪を抑制しつつポータブルの限られた電源電圧の中で可能な限り大きな振幅を確保。4.4mmバランス/2.5mmバランス端子から出力する。

電源は左右chのセパレーションを徹底し、余裕を持った供給能力を実現するため独立した電源回路を搭載。ほか、全ての部品を音質重視のコスト度外視で選定するなど低歪み・低ノイズを追究し、万一DCオフセットが発生した場合に備えイヤホンの保護機構も搭載する。

周波数特性は2Hz - 200kHzで、可聴帯域である20Hz - 20kHzをフラットに再生できるよう設計。最大出力は700mW+700mW(16Ω)/100mW+100mW(300Ω)、最大入力は1.5Vrms(2.1Vpeak)。入力インピーダンスは1MΩで、推奨負荷インピーダンスは16Ω以上。連続再生時間は約8時間。背面には充電用のUSB-C端子を搭載する。

外形寸法は80W×30H×120Dmm(突起部含まず)で、質量は360g。