シンガ・ジャパンは、realmeブランドより、完全ワイヤレスイヤホン「realme Buds Air Pro」など5製品を4月15日から順次発売する。

・完全ワイヤレスイヤホン「realme Buds Air Pro」13,800円(税込)/4月15日発売予定

・完全ワイヤレスイヤホン「realme Buds Q」3,480円(税込)/4月15日発売予定

・ワイヤレスイヤホン「realme Buds Wireless Pro」9,980円(税込)/5月以降発売予定

・スマートウォッチ「realme watch s」11,800円(税込)/4月15日発売予定

・モバイルバッテリー「realme 20000mAh Power Bank 2」4,980円(税込)/5月以降発売予定

これまでインドや中国など61地域で展開していた「realme(リアルミー)」ブランドが、日本に上陸する格好。他国ではスマートフォン製品もラインナップしているが、まず日本ではIoT製品を中心に販売していくという。

realmeは、「DARE TO LEAP(臆することなく飛び込め)」をコンセプトに、デジタルネイティブといった若者世代に向けたブランド。2020年秋時点で、グローバルでスマートフォンの出荷台数7位、5,000万ユーザーを獲得している。

ブランドのデザインにエディー・オパラ氏、製品デザインに深澤直人氏、アートディレクターにジョゼ・レヴィ氏を採用するなど、デザイン面も追求。グッドデザイン賞やレッド・ドット・デザイン賞など、数々のアワードの獲得もアピールしている。

realme Buds Air Proは、「業界トップクラスのANC」を搭載したという完全ワイヤレスイヤホン。2つのマイクに加えて「realme S1」チップを採用し、-35dBの低減効果を備える。トランスペアレントモード(外音取り込み)モードにも対応する。カラーはブラックとホワイトの2色。

10mmのドライバーを搭載。クリアな音楽再生が可能で、バスブースト機能もあわせて迫力あるサウンドを鳴らすとしている。また、低遅延94msのゲームモードを搭載。Android端末からはrealme Linkアプリを利用することで、タッチコントロールの設定変更や、モード切り替え、ノイキャン操作などが行える。

イヤホン単体の再生時間はANCオンで5時間、ANCオフで6時間。充電ケースを併用するとANCオンで最大20時間、ANCオフで最大25時間の使用が可能。10分の充電で3時間再生の急速充電に対応する。イヤホン部にはIPX4の防水を搭載。Bluetoothはバージョン5.0で、コーデックはAACとSBCをサポート。デバイスとの接続方式には左右独立伝送を採用する。質量は片耳あたり5g、充電ケースを含めると39.5g。

realme Buds Qは、低価格ながらも品質を追求したという完全ワイヤレスイヤホン。ジョゼ・レヴィ氏がアートディレクターを努め、川辺の丸石をモチーフにしたというデザインは、曲線美と快適な装着感を両立するという。イヤホンは片耳3.6gで、ケースを含めた全体は35.4gとなる。

ドライバーは10mm。Bluetooth 5.0対応により、ケースを開くとスマホと自動で接続可能。ゲームモード対応で119msの低遅延接続が行える。イヤホン部にはIPX4の防水を備えるほか、本機もAndroid端末からはrealme Linkアプリを利用することで、タッチコントロールの設定変更などが行える。連続再生時間は最大20時間で、対応コーデックはAACとSBC。

realme Buds Wireless Proは、-35dBのノイズキャンセリングを備えるネックバンド型Bluetoothイヤホン。realme Buds Air Proと同じく2つのマイクを搭載し、チップにはrealme S1を採用する。トランスペアレントモード(外音取り込み)モードにも対応する。

13.6mmのドライバーを搭載し、奥行きのある低音を追求。バスブースト機能も合わせパワフルな再生が可能だとしてる。低遅延119msのゲームモードを搭載するほか、2台の端末を切り替えられるマルチ接続機能を備える。Android端末からrealme Linkアプリを利用することで、各種ボタンの設定変更が行える。

連続再生時間は22時間(ANCオフ時/ANCオンの際は16時間)。5分の充電で100分再生の急速充電に対応する。IPX4の防水を搭載。コーデックはLDAC/AAC/SBCをサポートする。質量は33g。

realme watch sは、1.3インチのタッチスクリーンを備えるスマートウォッチ。画面解像度は360×360で、カバーガラスは2.5Dエッジのゴリラガラス3を採用。6.5万色のカラー表示に対応する。5段階の明るさ自動調整が可能で、最大輝度は600nits。

健康管理機能として、心拍数測定、血中酸素レベル測定、16種類のスポーツモードを備える。ほか、瞑想モード、座りすぎ防止リマインダー、歩数カウンター、睡眠モニター、水分補給リマインダーを搭載。FacebookやInstagram、Gmail、Twitterなど各種通知に対応する。

着信の通知やスマホのロック解除、音楽コントロール、リモートシャッターなどのコントロールに対応する。390mAhのバッテリーを搭載し、最大15日間使用可能。約2時間でフル充電が行える。防水防塵はIP68相当。

realme 20000mAh Power Bank 2は、3台まで同時充電できるモバイルバッテリー。出力は18Wで、USB PDやQuick Charge 2.0に対応。出力端子としてUSB-A×2、USB-C×1を備える。