カナルワークスは、3ウェイ16ドライバーIEMのカスタムモデル「CW-L91」とユニバーサルモデル「CW-U91」を、4月24日より受注生産発売する。ラインナップと価格は以下の通り(価格は全て同社ダイレクトショップ価格/税込)。

カスタムモデル

・CW-L91:¥247,500

・CW-L91PSTS:¥275,000

ユニバーサルモデル

・CW-U91:¥198,000

・CW-U91BT2:¥206,800

レンジ感や音の厚みに強みを持つマルチウェイと、音像定位に強みを持つフルレンジの両方の良さを実現するべく、同社の「CW-L07QD+」に搭載したBAドライバー4基を並列駆動させる機構を発展。共通の超小型ハイスピードBAドライバー4基をひとつにまとめた「クアッドBAドライバー」を高域に1基、中域に1基、低域に2基ずつ搭載する。

これにより3ウェイ16BAドライバー構成ながらナチュラルで歪み感が少なく、音の粒立ちが細やかなオールジャンル対応のリファレンスモニターになっているという。インピーダンスは12Ωで、感度は114dB。

また、カスタムIEMではここ数年海外のみの取り扱いとなっていたパーソナルサウンドチューニングシステム「PSTS」対応モデル「CW-L91PSTS」も用意。従来は低域のネットワークパーツ交換のみだったが、同機は低域だけでなく高域のパーツ交換も可能となっている。

カスタムモデルは本体色を25色から選択可能で、ウッドプレートやラインストーンなどの各種有償オプションも用意。ケーブルは断線時にも交換対応ができるコネクタ付きのもので、メモリーワイヤーを内蔵。クリアとブラックの2色を選択できるほか、プラグを2.5mm/4.4mmのバランス対応モデルに交換するオプションサービスも用意されている。

ユニバーサルモデル「CW-U91」「CW-U91BT2」では、最先端のNC切削加工によりカスタムと同等の特性を持つという2穴アルミ削り出しノズルを搭載。シェルはカスタムIEMで培った経験を活かし、より多くのユーザーにフィットする形状を実現したという。

CW-U91のケーブルは、メモリーワイヤーの代わりとして耳掛け部分に耳あたりの優しいカール処理を施したユニバーサル用新ケーブルを採用。CW-U91BT2はBluetooth接続仕様のモデルで、BluetoothはVer.5.0に、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX LLに対応。ケーブル部分も音質に配慮し、4Nグレード(99.99%)無酸素銅導体ツイストケーブルを採用したという。

また、本製品は4月24日(土)に開催予定の「春のヘッドフォン祭2021 ONLINE」でも紹介される予定とのこと。