ファーウェイ・ジャパンは、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4i」を本日4月20日から販売開始する。価格はオープンだが、税込9,680円前後での実売が予想される。カラーはカーボンブラック、セラミックホワイト、レッドの3色。なお、レッドのみ5月の発売を予定する。

アクティブノイズキャンセリングに対応する完全ワイヤレスイヤホン。周囲の環境音を認識してノイズを低減し、最大-35dBの効果を備える。従来モデル「HUAWEI FreeBuds 3i」からケースなど小型化するとともに、バッテリー持続時間を伸ばした。

独自のビームフォーミング技術とAIノイズリダクション技術を組み合わせた、デュアルマイクの通話ノイズキャンセリングを搭載。外音取り込みモードも備える。デザインは人間工学に基づいて設計することで、ぴったり安定したフィット感を目指した。

10mmのダイナミックドライバーを採用する。高感度ポリマー振動板により「豊かな楽器のハーモニーとクリアなボーカル、迫力の低音、そして絶妙なバランスのサウンド」を再生するという。

対応スマートフォン(EMUI10.0以上)との組み合わせ時には、充電ケースを開くだけで、ポップアップ通知が表示されてペアリング可能。1度ペアリングすると、充電ケースを開くたびに自動接続できる。

イヤホンの両サイドにタッチセンサーを内蔵する。音楽の再生、通話、アクティブノイズキャンセリングのオンオフなどが可能。専用のスマートフォン用アプリケーションからカスタマイズも行える。

連続再生時間は約10時間、ケース併用で約22時間(ANCオフ時)。10分間の充電で約4時間再生が可能な急速充電機能にも対応する。充電端子はUSB Type-C。

Bluetooth 5.2に対応し、コーデックはAACとSBCをサポートする。質量はイヤホン単体で約5.5g、充電ケース単体で約36.5g。3サイズ(L/M/S)のイヤーピースと充電ケーブルが付属する。