アユートは、同社の取り扱うAstell&Kernブランドより、ハイレゾDAP“A&futuraシリーズ”の第3弾モデル「A&futura SE180」(以下、SE180)を5月21日から発売する。価格は209,980円(税込)。

専用オプションとなるDACモジュール「SEM2」(税込49,980円)、およびリアルレザーケース「A&futura SE180 Case」(税込14,980円)も同日に発売。いずれも本日4月23日から先行予約を受け付ける。

“A&futuraシリーズ”は、同社が展開するハイレゾ対応DAPのプレミアムライン。このたび発売する第3弾モデル「SE180」では、従来モデル「A&futura SE200」のマルチDACのコンセプトを発展させるかたちで、ブランド初のDACモジュール交換式を採用した。

ユーザーはオールインワンDACモジュールを交換することで、異なるDACとアンプ構成、チューニング、出力を選択可能。また電源ノイズやRFノイズを発生させる可能性のある本体とモジュールを物理的に分離することで、音楽再生へのノイズ干渉も遮断したという。

モジュールには独自に開発したサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン アルファ)」も採用。主要回路を一体化することで、効果的なパワーノイズ除去、効率的な電源管理、歪を最小限に抑えた増幅などを実現し、原音に近いオーディオ再生を行うとしている。

アンプ部には、オペアンプパーツの選定から回路設計、基板レイアウト、チューニングに至るまで一新した“次世代アンプテクノロジー”を採用。これにより出力を上げながらS/Nを129dBまで向上させたとのこと。ゲインはノーマル/ハイで切り替えも可能だ。

SE180に同梱されるDACモジュール「SEM1」は、ESS製の8ch DAC「ES9038PRO」をシングル構成で採用。最大PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzのネイティブ再生まで対応し、広いダイナミックレンジとシャープなディテールを実現するとしている。3.5mm3極アンバランス/2.5mm4極バランス/4.4mm5極バランス端子を搭載し、出力はアンバランス接続で3.0Vrms(ハイゲイン)/2.0Vrms(ノーマル)、バランス接続で6.0Vrms(ハイゲイン)/4.0Vrms(ノーマル)。

同日発売の交換用DACモジュール「SEM2」は、AKM製DAC「AK4497EQ」をL/R独立させたデュアル構成で採用。こちらは最大PCM 768kHz/32bit、DSD 22.4MHzネイティブ再生まで対応。SEM1と同じく3.5mm3極アンバランス/2.5mm4極バランス/4.4mm5極バランス端子を搭載し、出力も同等となっている。

モジュールの接続には、本体上部からネジを使わず簡単に取り付け、各部を確実に固定できるという「ダブルロック機構」を採用。1つ目のロックで本体とモジュールを取り付け、2つ目のロックでしっかりと固定されたことを確認できるという仕組みだ。さらに外部からの衝撃による接続不良を防ぐため、本体内部にはバネで支えられたコネクターを採用。徹底した強固な接続を実現したという。

デザイン面では、自然で流れるようなラインを意識したシルエットに仕上げたと説明。右側面のボリューム部はLEDを内蔵し、再生中の曲の音量やビット深度などの情報を色で表示する。なおLEDライトの点灯/消灯はユーザーが設定可能だ。

また、従来モデルでは左側に配置していた操作ボタンを廃止し、かわりにマルチファンクションボタンを1つ搭載することで片手で操作できる利便性を実現。リアカバーはセラミック製で、モジュールの各オーディオ出力端子にはゴールドリングを施している。

5型フルHDディスプレイを採用して表示を高画質化したことに加え、Androidスマートフォンと同等の操作性を目指し、同社のプレーヤーでは初となるナビゲーションバーを搭載。ワンタッチでどの画面からでも音楽再生情報の確認や操作を可能にした。また、「ワンスワイプ機能」でスワイプによって前の画面に移動できる。

Bluetoothはバージョン5.0に準拠し、コーデックはSBC/AAC/aptX HD/LDACをサポートする。また新機能として、同じネットワーク上にあるPCやスマートフォン、FTPプログラムなどを使用して、ワイヤレスでファイル転送ができる「AK File Drop」、スマートフォンなどの外部機器からの音楽をSE180から再生できるBluetoothレシーバー機能「BT Sink」も搭載する。

MQA音源の再生にも対応。ほか、ネットワークオーディオ再生「AK Connect」や、動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能、音楽ストリーミングサービスアプリなどインストール可能な「Open APP Service」機能、「EQ(イコライザー)シェアリング」、「カーモード」などに対応する。

内蔵メモリは256GB、最大1TBまでのmicroSDカードに対応する外部スロットを1基備える。USB Type-C端子を備え、急速充電や高速データ転送が可能。ほか、USB-DAC機能、USBデジタルオーディオ出力機能に対応する。

連続再生時間は、SEM1/SEM2どちらを使用する場合も約10.5時間(ノーマルゲイン/アンバランス接続/FLAC 44.1kHz/16bit再生時)。モジュールを除いた外形寸法は約77W×129H×19.9Dmm、質量は約280g。モジュール装着時の外形寸法は約77W×137H×19.9Dmm。

同日発売の専用ケース「A&futura SE180 Case」は、Black/Navyの2色をラインナップ。Minerva製のベジタブルタンニングレザーを採用し、全体を包み込むフルガードタイプとすることで、本体をしっかりと保護しながらデザイン性と美しさも兼備したという。なおNavyカラーのみ、アユート直販サイト「アキハバラe市場」限定で取り扱う。