HIFIMAN JAPANは、平面磁界駆動型ヘッドホン「HE400se」を5月14日、ポータブルアンプ/DAC「HM1000(RED)」を5月21日より発売する。価格はHE400seが16,500円(税込、以下同)で、HM1000が66,000円。

HE400seは、独自設計の平面磁気ドライバーを採用する開放型ヘッドホン。従来のマグネットに比べて干渉を発生させることなく音波を自由に通すというステルスマグネットを採用することで、歪みが低減し、よりピュアでハーモニクスが美しいサウンドだとしている。再生周波数特性は20Hz-20kHzで、インピーダンスは21Ω、感度は91dB。

チャンネル間のクロストークを最小限に押されるため、接続はチャンネルごとに個別のアース線を使用して、ねじ込みコネクタ付きの付属ケーブルを介して行うかたち。新設計のヘッドバンドとイヤーパッドは快適で音質を向上させるほか、本体も質量390gと同種の平面磁界ヘッドホンに比べて軽量だという。

HM1000は、デスクトップ機器と同じ回路設計を用いたポータブルアンプ。DACチップは同ブランド製DAP「R2R2000」同様に「PCM1702」をデュアル構成で搭載し、アンプ回路は各チャンネルにOPA2107/1個+BUF634/2個を搭載。再生周波数特性は20Hz-40kHzで、S/Nは118-119dB、ラインアウト時の高調波歪みは0.00176%、対応サンプリングレートは最大384kHz/24bitとなっている。

再生時間は約9.5時間で、BluetoothはVer.5.0に、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HD/LDACに対応。出力端子は3.5mm/4.4mmを搭載しており、3.5mmシングルエンドと3.5mm・4.4mmバランスのヘッドホン出力と3.5mm・4.4mmラインアウトの出力が可能。外形寸法は62W×18H×115Lmm。