アップルは、6月から配信開始するApple Musicのロスレス楽曲について、詳細をサポートページに公開した。

Apple Musicは6月から、7,500万曲以上の全カタログを、ALAC(Apple Lossless Audio Codec)で配信開始する。当初はCD品質の44.1kHz/16bitがメインだが、48kHz/24bitの楽曲や、ハイレゾの192kHz/24bit楽曲も配信される。

サポートページには、これらのロスレス楽曲を再生するために必要なデバイスや条件などが記載されている。

iPhoneはiOS 14.6以上、iPadはiPadOS 14.6以上、MacはmacOS 11.4以上が必要で、ヘッドホンやイヤホンなどへの有線接続、もしくは内蔵スピーカーでロスレス音声が楽しめるとしている。

iPhone/iPadの場合、Lightning to 3.5mmアダプターを介すと、48kHz/24bitまでの音源の再生が行える。また、48kHzを超えるサンプリングレートで楽曲を聴くには、外部DACが必要であることも書かれている。

Apple TV 4Kの場合はtvOS 11.4以上が必要となり、HDMIケーブルを使用し、AVレシーバーなどに接続する。なおApple TV 4Kは現状で、48kHzを超えるサンプリングレートの音源をサポートしていない。

そして注目すべきは、HomePod mini/HomePodに関するFAQの記載だ。将来的にソフトウェアアップデートを行い、ロスレス音声の再生が行えるようになると書かれている。

初代HomePodはすでに生産完了し、在庫限りの販売となっているが、HomePod miniは発売されたばかり。価格も11,880円(税込)と手頃だ。

なお、すでに当サイトでも伝えている通り、AirPodsシリーズやBeatsのヘッドホン/イヤホンは、BluetoothのAACコーデックで伝送するため、ロスレス音質を伝送することはできない。