TCL JAPAN ELECTRONICSは、Android TV搭載の4Kスマートテレビ「P725/P615」シリーズを6月18日から順次発売する。P725シリーズは43型「43P725B」、P615シリーズは50型「50P615」と43型「43P615」をラインナップ。市場想定価格は以下の通り。

・P725シリーズ/43型「43P725B」税込70,000円前後

・P615シリーズ/50型「50P615」税込75,000円前後

・P615シリーズ/43型「43P615」税込65,000円前後

両シリーズとも、Android TVを搭載した4K液晶テレビで、ドルビービジョン/アトモスに対応。テレビ放送だけでなく、インターネットやネット動画コンテンツを楽しむことができ、動画アプリはYouTubeやAmazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなど豊富に対応する。

BS 4K/110度CS 4Kチューナー、および地デジ/BS/110度CSチューナーを2基ずつ搭載し、裏録画をはじめ各種録画機能に対応する。映像機能として「マイクロディミング技術」を搭載。テレビの大画面を1,296ゾーンに分割し、それぞれのエリアを細かく分析して繊細な部分まで明暗をくっきり分けることで、風景の奥行き感をよりリアルに表現するとのこと。

映像面ではほかに、動き補正機能も搭載する。上述したとおりドルビービジョンに対応するほか、HDR 10/HLGもサポートする。

また、クロームキャスト機能内蔵でスマートフォンで見ている映像やゲーム画面をテレビに映し出すことが可能。Googleアシスタント機能にも対応しており、リモコンに備わったボタンを押して話しかけることで、映像検索なども行える。

HDMI 2.1端子(eARC対応)を1系統搭載しており、テレビを経由してもオーディオ機器からDolby True HDで音声を出力できる。いずれも、内蔵スピーカーの実用最大出力は20W(10W×2)。

入出力端子は他に、P725シリーズではHDMI 2.0端子、USB 3.0端子が1系統ずつ、P615シリーズではHDMI 2.0端子が2系統、USB 2.0とUSB 3.0が1系統ずつ備わる。さらに両シリーズ共通で、ビデオ入力、LAN、ヘッドホン出力、光デジタル音声出力を1系統ずつ装備する。