ミックスウェーブは、同社が取り扱うqdcブランドの新ハイブリッド型フラグシップIEM「Anole V14」を、6月4日より発売する。ユニバーサルモデル/カスタムモデルをラインナップしており、価格はともにオープンだが、ユニバーサルモデルは税込357,800円前後、カスタムモデルは税込386,500円前後での実売が予想される。

長きにわたる研究開発を経て誕生したという最新フラグシップモデルで、BAドライバー10基(低域×4、中域×2、高域×4)と超高域用の静電型ドライバー4基を搭載。新しくカスタマイズされた低域用ドライバーにより、これまでのフラグシップ機よりも遥かに優れた低域レスポンスを実現したという。

また、静電型ドライバーも専用カスタマイズされたもので、高域のレンジを50kHzまで拡大し、ドライバー感度を大幅に向上。静電型の課題であった「駆動のしにくさ」を解決したとしている。

加えてチューニングスイッチを低域/中域/高域/超高域用の計4つ搭載。同社の特許技術「multi-tube filtering techology」を採用するため、それぞれの帯域が干渉することなく、歪みのないサウンドはそのままに16種類のサウンドを楽しめるという。再生周波数特性は10Hz-50kHzで、感度は105-108dB SPL/mW、インピーダンスは12-20Ω。

本体フェイスプレートには3D立体蓄光体を採用しており、通常時はブラックだが、紫外線や太陽光を吸収すると暗闇でグリーンに発光する。シェルにはカラフルなファイングリッターとレーザー彫刻で金箔のインレイを施し、フラグシップモデルらしいエレガントなスタイルを演出しているとのこと。

ケーブルは本機専用に開発された純銀、純銅導体の編組プレミアムケーブルで、プラグを2.5mm/3.5mm/4.4mmで変更可能な独自開発の3 in 1プラグを採用。本体にはqdc独自の2pin端子を搭載する。