スティールシリーズジャパンは、競技向けギア「Primeシリーズ」のゲーミングヘッドセット「Arctis Prime」を7月30日(金)に全国の家電量販店およびAmazon.co.jpにて発売する。価格はオープンだが、税込13,200円での実売が予想される。

Primeシリーズは、100人以上のeスポーツプロ選手の意見を取り入れ設計されたというゲーミングデバイスシリーズで、この度日本国内での販売が決定した格好だ。

Arctis Primeはゲームサウンドに最適化されたオーディオドライバーを搭載。これにより音の方角や距離感を的確に聞き分けられるとしており、同時に高い遮音性と軽量かつ頑丈な設計で、ストレスなくプレイが可能だとアピールする。

本体にはアルミニウム合金とスチール素材を採用し、優れた耐久性と軽量化を実現。また、最新合皮素材のイヤークッションとスキーゴーグルヘッドバンドを使用することで、長時間プレイでも持続する快適さと没入感を高める遮音性を両立している。

Discordの認証を取得したClearCastマイクを搭載し、プレイ中もクリアな通話品質による的確なコミュニケーションが可能に。また、イヤーカップの上部にボリューム調整ダイヤルとミュートスイッチを配置するなど、ケーブルが干渉しないよう配慮されている。

また、同じくPrimeシリーズとして、ゲーミングマウス「Prime」「Prime+」「Prime Wireless」3モデルを7月9日(金)より順次販売開始する。予想実売税込価格は、「Prime」が7,920円前後、「Prime+」が10,560円前後、「Prime Wireless」18,480円前後。