第44回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、数々の賞を受賞した映画『MOTHER マザー』のBlu-ray/DVDが、11月5日に発売されることが決定した。Blu-rayが5,280円(税込)、DVDが4,290円(税込)。

『新聞記者』(2019)、『ヤクザと家族 The Family』(2021)などを手がけた映画会社スターサンズと、『日日是好日』(2018)の大森立嗣監督が、実際に起きた事件に着想を得て新たな物語に仕上げられた本作。長澤まさみを主演に迎え、第44回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞、新人俳優賞を受賞している。

一人息子を自分の分身として、忠実であることを強いる母親役を長澤まさみ、そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、それに翻弄されながらも応えようとする息子役を、本作が映画初出演となる奥平大兼が演じる。社会との関わりを閉ざされ、築かれていく母と息子の共存関係が、ひとつの殺害事件を引き起こす真相を描いた物語となっている。ほか、阿部サダヲをはじめ、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花らがを出演する。

Blu-ray、DVDともにディスクは1枚。本編約126分に加えて、メイキング/完成披露舞台挨拶・初日舞台挨拶/予告集が映像特典として収録される。また封入特典にフォトブックレットを同梱する。音声はBlu-rayがDTS-HD Master Audio 5.1chサラウンド、DVDが日本語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド。

【ストーリー 】

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた女・秋子。シングルマザーである彼女は、息子の周平に奇妙な執着を見せる。

周平に忠実であることを強いる秋子。そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、それに翻弄されながらも、応えようとする周平。周平の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく親子。そして、 17 歳に成長した周平は、ひとつの殺害事件を起こす。妹・冬華の存在に希望を見いだし、学ぶことで自分の世界を広げようとした周平を何が追い込んだのか?事件の真相に迫るとき、少年の告白に涙があふれだす。彼が罪を犯してまで守ろうとしたものとは ――

(C)2020「 MOTHER 」製作委員会