ミックスウェーブは、同社が取り扱うFAudioより、新世代のフラグシップユニバーサルイヤホン「Dark Sky」を7月21日に発売する。価格はオープンだが、税込134,900円前後での実売が予想される。取り扱い店舗は、eイヤホン各店、フジヤエービック、ヨドバシカメラ各店、上新電機、エディオン、その他一部楽器店となる。

Dark Skyは、新開発された10.2mmのダブルレイヤーダイナミック型ドライバーを採用。ファイバー素材のダイヤフラムと、D.L.Cコーティングされたダイヤフラムという、特性の異なる二種類の振動板をダブルレイヤー構造で配置している。スポンスの良さが特徴のファイバー素材の振動板は、立ち上がりの速いタイトな低域とメロウなボーカルを実現し、高音域の伸びが良いD.L.Cコーティング振動板で、細部の表現力や音場の広がりが向上。これにより低域の明瞭度や開放的なサウンドステージを実現したとする。

イヤホン筐体の構造は、ドライバーチューニングを担う3つのアコースティックチャンバー(空気室)を搭載した、 ”トリプル・ビルドイン・アコースティック・チャンバー” 構造となっている。3つのうち、2つはハウジングの容積を最適化し、筐体内のエアーフローをコントロールすることにより、ダイナミックドライバーのポテンシャルが引き出され、低域から高域まで再現度が増すとアピールする。もう1つは音導管(サウンドチューブ)に採用され、鼓膜やドライバーにかかる空気圧をコントロールし、低音域の解像度を向上させるとしている。

本体には筐体カラーに合わせた専用ケーブル「S.S.S.」が付属する。導体に銀合金、ドイツ製の純銀、金メッキ銀合金の三種類を採用。加えて、高級な半田を用いている。各パーツはCNC切削で削り出し、繋ぎ目のない美しい外観に仕上げた。ケーブルジャケットには取り回しがしやすく絡みにくい柔らかなPVCを採用している。プラグは2.5mmを採用し、付属の変換コネクターを使用すれば、3.5mmや4.4mmでの出力にも対応する。長さは約120cm。

さらに、独自開発のイヤーチップ「FA Vocal」「FA Instrument」を改良した、「FA Premium+EarTips」も付属する。新たに柔軟性が高いシリコン素材を採用することで、従来のイヤーチップに比べチップ内の音の反射を減らし、より正確なサウンドを実現するとともに、柔らかさが向上したことで耳への負担が減り、聴き心地を大幅に向上したという。「FA Vocal+」はよりボーカルラインが鮮明になり、「FA Instrument+」は楽器の音にフォーカスし、タイトな低域と生々しい楽器の響きを再現するとしている。

そのほかキャリングケースも付属。周波数特性は15Hz - 38kHz、感度は114dB、インピーダンスは24Ω。